· 

暗闇の中の色たち

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

  ポケットいっぱいに
  星を抱えて

  闇夜を
  君と
  歩いていたい
  


 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 



 幼かった頃、
 
画用紙の白をいろんな色のクレヨンで塗りつぶし、
その上からさらに黒を重ね、
 
そこに絵を描くと

真っ黒の画用紙から色たちが浮き出てくるという手法の
らくがきをしたことがありませんか?



先日、妹と久々に長電話をした時に、
妹が、そういう感じの生き方っていいよね、

と言っていました。

私も同感。


 

暗闇の中にいるように感じる時でも、
たとえ、先が見えなくても、

実はそこにはいろんな色が隠れていて、
自分が線をひきさえすれば、

色(光)はあると信じる生き方。

子どもの頃に
真っ黒の画用紙に、自由にらくがきし、
出てきた色が何色であっても楽しかった時のような感覚。
  

 

 


話をしながら、
やっぱり私は、むやみにポジティブでいるよりも、

光も闇も抱えている感じ、

光と闇が同居している感じの方が好きだなぁ~、と再実感。

(妹とは、たまに、こういう話で盛り上がります。)


 


その数日後、
カフェで友人たちと話している時に
ふと浮かんだのが上のコトバです。

(詩と言いたいところだけど・・・。)