<夢の記録> 2011年9月3日


 

 

同じ夢見るの2度目。

1度目は、いつだったか覚えてないくらい前。



なぜか住んでいる場所に、忘れていた部屋がふたつ。

他にも狭い狭い玄関がもうひとつあってトイレとバスルームも。

 

 

夢の中の私は

「あっ、 そういえば この部屋、あったんやった。

来客用にしよう!」と、一度目の夢は、確かここで終わり。




今朝方、見た夢にはその続きがあり

夢の中の私は 忘れていた2つの部屋と

バスルームの収納棚などをチェックする。



部屋に入り、 

「ここサロンとして使えるやん。

一番奥の部屋は 在庫を置く部屋にしよう!」 

と、ぶつぶつ独りごと。




と、 ここで目が覚める。



 


夢は、後々、このことだったか!と 

現実世界と結びつくこともあるので

備忘録として、残しておくことにしました。