周波数とか波動とか


 

 

 

もともと繊細過ぎるくらい感受力が高くて

それは、わたしにとってはあまり嬉しいことではなく。

20代の頃は、それが嫌で封印していた時期もあり。

 

 


この仕事を始めて、10年。

 

感じ取る力に磨きがかかって、

それが人様のお役に立てることは本望だし

そのために感性も感受性もクリアであるように心がけているのだけど。

 

時々、嫌気がさすこともある。

 

 

あれ?って 違和感を感じた時は、たいてい離れて正解。

人でも 物でも 環境でも。

 

だけれども。難点があって。

それは、私の器の小ささ。

限界まで我慢してバサッと切ってしまう。。。汗

 

 

 

 

 

いろんなバランスを、波動レベルで感じるというのは

自分が不調な時は、かなりストレスになる。


分かりやすいところだと、私は五感の中でも 

聴覚からの情報が凄いので

冷蔵庫の音とかが騒音になりだしたらセルフケアのサイン。




アロマは「香り」というわかりやすい感じがあるから、

リフレッシュも兼ねて使うこと多いけど

どうも 香りは使わない方がいい時があるということがわかった。

昨年、参加した調香の講師に伺った話とも繋がる。




今後、フラワーエッセンスでのケアが 増えるかな。

香りの威力というのは、いろんな意味で凄い。

 

下手に使うと、波動調整どころか不調和さえ作ることができる。

深い。。。。。





オートクチュールなんかを作ってると

エッセンスたちが「その人のいま」を教えてくれる。

 

身体のことは時間をかけて

自然治癒力に任せてって言ってる人たちでも、

 

心ののこととなると

答えを早く求めすぎる人ってかなり多いよね。という印象。

 

そこをわかって ビジネスしてる人も多いし。



 

 

昨日、尊敬する先輩セラピストから 

ヒーリング業界のビジネス事情なんかを聞いて

ただただ 残念な感じがした。



 

ちなみに、

アロマ精油やフラワーエッセンス、

クリスタルなんかもそうなんだけど、

何を買うかよりも、誰から買うかの方が重要。

 



こういう類のプロダクツは生き物だから

売り手の波動がダイレクトに影響する。

 

だから私は、仕入先もかなり厳選している。

こだわり過ぎとも言うけど。。。