VOL.4 3月11日という日

 

2011年3月11日の出来事以降、

私の心は、長い間、大きく揺れていた。

 

震災を直接、体験したわけではないが

世間の揺れを感じ、共揺れするうちに

それまでに抑圧していたものが一気に溢れ出す。

 

とにかく恐怖がいっぱいで

娘に食べさせる食料を選ぶことひとつとっても

神経質になっていた。

外出するにも線量を気にする。

 

不安だらけで自分のアンバランスに

どこかで気づいているようで

でも、もうどうしようもない感じ。

 

外の世界に恐怖と不安を感じていたが

それは自分の心の世界の投影だったのだと気づくのは

少し先のこと。

 

 

あの原発事故がきっかけに大きく揺れだした心の

本当の原因は原発そのものではなかったのである。

人間関係で抑圧していたものが噴出。

 

自己ケアすらままならなず

揺れ揺れの状態での育児に、娘に対しても罪悪感がいっぱいだった。

そして、心理のプロとして仕事をしているのに

そんな状態に自己嫌悪。

 

支えとなったのは娘の存在と育児そのもの。

娘がいなかったら、もっと暗闇に引きずられていただろうな。と思う。

正直、娘とほぼふたり暮らしのような生活はとても大変だったが

その大変だと思っていた育児に支えられていたのだ。

 

そして、もうひとつ大きな支えとなったのは

「心理のプロである前に、ひとりの人間なのよ。

 自分自身を大切にしなさい。」という師匠からのメッセージ。

 

 

今、思うと

2011年・2012年は本当に苦しい年でした。 

 

2011年に大きく揺れて軸が崩れていき

心身ともにボロボロになっていたことに気づいたのが2012年後半。

そこから自分軸の再構築が始まる。

そして、ひと区切り終えたのが昨年末。

 

この辺の話は、セッションを受けて下さるクライアントさまにしか

話したことがないので、誰もが読めるブログに綴るのははじめて。

 

 

今だから言えることは、

すべての経験が糧となっているし何にも代え難い財産になっている。

セッションの質もぐっと上がったのが自分でわかる。

 

 

 

2015年は、アクアドロップス10年、

そしてプシュケとして、ある意味ゼロからのスタート。

 

毎日、大切なことを優先して

コツコツ積み重ねていこう。

 

 

 

 

全てのいのちが

その生を全うすることができますように・・・

 

祈りを込めて・・・

 

2015・3・11

 



※その他記事一覧はこちらです。 

 

 

 

【 Psyche par sonre 】プシュケ・パ・ソンレ

 

アリゾナエッセンスご購入

http://aquadrops-shop.com/?mode=cate&cbid=671985&csid=0

 

※ 現在、発信はメンバー限定メルマガを中心にしています

http://aquadrops-shop.com/?pid=17324075

 

※世界でひとつの魔法の香り「オートクチュールエッセンス

http://aquadrops-shop.com/?pid=49481483

 

※ オンラインショップの最新情報はFBページをご覧下さい

https://www.facebook.com/psyche.par.sonre