· 

かに座満月と、金子みすず

 

 

天才詩人とよばれた金子みすずの詩に

大好きな作品があります。

 

やさしいやさしい言葉の中に

宇宙が表現されていて、深く深くに響きます。

 

 

「蜂と神さま」

 

はちはお花のなかに、

お花はお庭のなかに、

お庭は土べいのなかに、

土べいは町のなかに、

 

町は日本のなかに、

日本は世界のなかに、

世界は神さまのなかに、

 

そうして、そうして、神さまは

ちっちゃなはちのなかに。

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

 

 

2016年が濃すぎて

びっくり過ぎる意識の変容もあり

 

宇宙はわたしたちの中に、

わたしたちは宇宙の中に、

すべてのいのちは共にある。

ということを 深い深いところで感じています。

 

 

 

 

本日、かに座の満月。

かに座は「基盤、原点、家族」の象徴。

 

 

ここ数日、

自分の中の「原点」を再確認する作業が

続いていました。

 

 

かに座満月が近づいていることを

特に意識してはいなかったのですが

 

内側を整えていれば

天体の動きを確認しなくても

知らず知らずに宙のリズムと

一致していることをあらためて実感。

 

 

 

 

 

クライアントさんからも

セッション後のご感想メールが送られてきて

そこに、ご自身の目標がメルマガの内容と

リンクしていることにビックリしたと、ありました。

 

 

 

12年前にこの仕事をはじめて

ひとつの大きなサイクルが終わったように感じます。

 

地震は大きなひとつのサインだったんだなぁ。

と、今だからわかることがあります。

 

 

 

 

方向性も、大切にしていることも

したいことも、何も変わらないけど

次なる局面へ。

 

 

 

「いま、ここから、再び始まる。」

そんな雰囲気を帯びています。