· 

メメントモリ*2017夏

 Psyche Message プシュケメッセージ  

※ 「プシュケ」は、<呼吸・いのち・こころ・たましい>のこと。

 

 

いまを生きよう

いのちを活かそう

 

屍のように生きるのではなく

与えられたいのちを思いっきり生きよう

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

お盆、いかがお過ごしでしたか?

 

8月は、わたしにとって

生きること、死ぬことを深く考える時間です。

 

 

昨年のこの時期にアップした記事を

こちらで再掲載いたします。

 

 

 

(以下、転載)

 

今年は、このページに訪れてくださった方へ

そして自分自身へ

次のことばをメッセージとして残します。


 

南アフリカ共和国の元大統領で

ノーベル平和賞受賞者のネルソン・マンデラ氏が

南アフリカ共和国の大統領に就任する際に演説で語った、

マリアン・ウィリアムソン氏の言葉です。


 




自分には 十分な能力がないということを

わたしたちは おそれているのでは ありません。

 

むしろ おそろしいのは、

わたしたちには はかり知れない力が あるということです。

 

一番おそろしいのは、

自分の内なる闇ではなく、 光です。

 

 

「光り輝き、才能にみちあふれた自分とは

だれなのでしょう」と

わたしたちはみずからに問いかけます。

 

本当のあなたとはなにものでしょうか。

 

 

 

あなたは神の子です。

 

自分をおとしめていては

世界のために役立つことはできません。

 

ためらっていては、

人々を啓発する光を放つこともできず、

そんなあなたに周囲の人々も不安を感じることでしょう。

 

 

 

 

わたしたちは

みな神の子として光り輝くために

存在しているのです。

 

一人ひとりのなかに存在する

内なる神をあらわすために、

わたしたちは生まれたのです。

 

 

それは

一部の人々のなかにあるのではなk、

すべての人、

一人ひとりに備わっているのです。

 

 

 

 

あたながみずからの光を輝かせるならば、

それは他の人々にも光を放つよう

励ますことになります。

 

みずからを恐怖から解き放つとき、

それは他の人々をも解放することに

つながるでしょう。

 

 

 

不忍池(しのばずいけ)で観た蓮の花【東京・上野】
不忍池(しのばずいけ)で観た蓮の花【東京・上野】