· 

<再生への旅5 > 止まった時間

 

 

シリーズ化して<再生の旅>となった

2016年熊本地震からの流れを綴っております。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

(これまでの記事)タイトル、クリックすると記事に飛びます。

 

vol. 00 新たな旅のはじまり、はじまり☆

vol. 01 宇宙の采配~すべてはなるようになっていく

vol. 02 熊本地震と母の還暦

vol. 03 熊本地震・本震の日 

vol. 04 地震後の避難生活  

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

<再生への旅シリーズ *

止まった時間

 

 

 

 

本震(熊本地震)のあった早朝に

実家のある北九州へ避難し

 

余震が静まったらいつでもすぐに

熊本に戻れるようにしてたのに

一向に静まる気配もなく。

 

 

あんなに余震が続くと

想像した人はいるのだろうか。。。

 

 

 

 

その間、近くに住んでる親友が

 

「○○(娘)と遊ぶから
そんれは、ゆっくり休みー。」と、

折り紙や落書き帳を持って会いに来てくれたり、

 

福岡市に住んでる友人が

「そんれちゃん、北九州行くから遊ぼー!」と連絡くれたり。

 

 

中には、

「あー、ただ興味本位でどうなったかを知りたいんだな」的

エネルギーを帯びた連絡も少しだけあったので

 

友人たちの心遣いが

ますます、ありがたく感じました。

 

 

 

 

 

地震から10日ほど経った頃、

 

夫から、今戻ってもエレベーターも止まってるし

立ち入るのも危険だから

当分、ここで生活するのは無理。

 

との連絡が。

 

(その後、住んでいたマンションには

「要注意」の黄色い紙が貼られました。)

 

 

 

このとき、熊本に戻る目処が

全く立たなくなってしまいます。

 

 

 

それまでは、旅行に持って行ったスーツケースの中に

2泊分の衣類があったので、それを着まわしていて

洗濯が終わると、衣類をスーツケースに戻すという生活をしていたのですが

 

あー、いつ帰れるかわからないのか。。。

旅行用のトランクから荷物をすべて出しました。

 

 

 

 

そこから、

わたしのなかの時間の流れが止まりました。

 

実家の庭にある竹の成長が

あー、時間は流れているんだな。ということを

感じさせてくれました。

 

 

 

 

 

余談ですが、

 

竹の成長スピードってホントに早いんですね!!

朝と夕方では、高さが違うのですよ!

 

毎日、毎日、竹を観察することなんてなかったから

ビックリ!でした。(笑)

 

 

 

朝夕、娘と一緒に、竹の成長を観察するのが

とても楽しかったのを思い出します。

「すごいねー!すごいねー!」と盛り上がってました。

 

竹の他にも、つつじやハナミズキが花咲く季節だったので

庭を眺めるのが楽しい時間でした。

 

 

って、文字にしてみると

すんごい贅沢な時間!!www 

 

 

 

 

GWが近づいた頃、

夫から、マンションの物を片付けに

熊本に戻ってきてとの連絡があり

GWに2週間ぶりに、自宅に戻ることになります。

 

 

 

 

つづく。