vol.107 アリランと。過去と。いまここ

記事と関係ない写真だけど。ピンクのピアノ。think pink.的な。
記事と関係ない写真だけど。ピンクのピアノ。think pink.的な。

 

 

 

この春からの突如始まった混沌混乱の旅中に

友人が送ってくれて以来、

米津玄師さんという歌手の曲がその時の自分自身にとてもフィットして

お守り代わりによく聴いたのですが

 

もともと、子どもの頃から

テレビをほとんど観ないで過ごしてきているので

芸能界とかに疎くて、今回の出来事の流れの中で

米津さんという歌手の存在を知り、大晦日に紅白で

「レモン」という曲を家族みんなで聴き入って

映像の美しさに感動したことを思い出したり。

 

自分の人生に誰がいつどうやって

存在するのかって、わからないものですね。

 

 

 

いつも会話がシンプルにスムーズに流れる弟との何年か前の会話で

知られないと存在していないのと一緒。って弟が言ってた言葉が

ずっと脳の隅っこに残ってる。いまは、ちょっとそれがわかるような気がする。

実際のところ、わかってるのかわかってないのかわからないけど。

 

 

これまでに私が好きだったり愛用していたものが

世間ではあまりニーズがないのか次々とこの世から姿を消していくことが

残念でならなくて、もっと光が当たっていて欲しい人だとか

そういうものが、騒音まとった空気感の中でひっそりと姿を消していくのを

たくさん見てきていて、それをなんとかしたいと思って

ずっと、この仕事もビジネスラインに載せられていなくて

生活のこと考えると、全然地に足ついてない感が否めないし、

何度か、これが最後、最後のチャレンジ。と自分に言い聞かせながら

諦めきれずにやってきてる気がする。

 

後悔がないように、最後の最後の最後のチャンスだと思って

一旦、経済面でのあれこれは、期限決めて手放し、

内側にあるもの出すだけ、出せるだけ、出してみようかと。

 

 

自分のための備忘録的に殴り書きのような記事になっていて

こんなんでいいのかわからないけど、でも、いまは、

ブログ上で自己表現していくことが最優先な気がしてる。

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

 

直感を頼りに、情報の渦の中に深く潜り込んでいると、

そんな歴史があったんだ。って差別や理不尽極まりない歴史、

精神病理、いまここを生きている育児中のわたしたち世代の情報、

はるか昔の、または現代の、教育、文化芸術の情報、たくさん入ってきた。

 

ピンときたものだけ、ひとまず、流し読みした後、保存し、

すべてを熟読となると遠い目したくなるので

気になる順にまとめていけばいいのかな。わからないけど。

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

 

歴史、全然、楽しいって思ったことなくて

試験とかも、これ暗記する意味あるのかな。って頭に入らなくて

0点に近い感じで、提出してたけど

 

大学受験時に心理の道へと導いてくださった師匠が

歴史は繰り返されているから、歴史を知るといいよ。って

その時は、右から左へと聞き流していた。というか、

頭の中に留めておけずに流れていった。

 

けど、いまは、なんか、その意味が分かる気がする。

パターンとかリズムがそこに潜んでいるのですね。

学生時代、授業が、そんな風に内容組み立てられてたら

もっと楽しめたのかもしれない。

 

つまらなすぎて、最前列の教壇に最も近いど真ん中の机で

逆に近いから、先生、わからないんじゃない?的に

堂々といつも寝てた。 で、思いっきり寝てるのバレてて

怒られたりしたけど、睡眠って生理的なものだから、怒られても困る。

 

それに、寝てても、頭の中、

インプットされてるかもしれないじゃんね。とか思ってた。

されてなかったけど。( ̄▽ ̄)

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

 

(私にとっては)大規模な広大過ぎる、

これ手に負えなくない?と言いたくなる膨大な情報量。

意識的に探ったというよりは、

娘や友人たちとのコミュニケーションの中で

ピンときたエッセンスを拾って、連想連奏的に情報追ってたら

そんなことになってて。

 

どんどん時間が経過していくことで時々、焦りが出て来たり

でも、流れをみると、これでいいと確信するし。

専門外の難しい専門用語とか出てくると頭パニックになって混乱するから

わからないことはわからないまま、ひとまず、保存。

 

 

文字の羅列、見た目が楽しくないから、

この辺りで、曲、貼っておこっ。

 

 

アリランのメロディーの美しさが大好きで

でも、アリランの歌詞ってなんか悲しいだけだからだなぁと

思ってたけど、今回、きちんと調べてみたら

決して悲しみの曲ではないことを知り、

自分が1節しか思い出せないだけだった。(^^;

 

歌詞、読みなおしたら、

あー、そういえば、こんなだったとぼんやり思い出した。

意味考えずに歌ってた。

 

 

以下、Wikipediaより転載です。

ここの情報源が確かかどうかはもっと調べないとわからないのだろうけど

そんなことしてたら、一生、それで終わりそうなので。

 

  1. 아리랑 아리랑 아라리요
    아리랑고개로 넘어간다
    나를 버리고 가시는 님은
    십리(十里)도 못 가서 발병(-病)난다
  2. 아리랑 아리랑 아라리요
    아리랑 고개로 넘어간다
    청천(靑天)하늘엔 별도 많고
    우리네 가슴엔 꿈도 많다
  3. 아리랑 아리랑 아라리요
    아리랑 고개로 넘어간다
    저기 저 산(山)이 백두산(白頭山)이라지
    동지(冬至) 섣달에도 꽃만 핀다

 

  1. アリラン アリラン アラリよ
    アリラン峠を越えて行く
    私を捨てて行かれる方は、
    十里も行けずに足が痛む。
  2. アリラン アリラン アラリよ
    アリラン峠を越えて行く
    青い空には小さな星も多く、
    我々の胸には夢も多い。
  3. アリラン アリラン アラリよ
    アリラン峠を越えて行く
    あそこのあの山が白頭山朝鮮民族の霊峰)なんだね。

    冬至師走でも花ばかり咲く。

 

 

娘妊娠中に、チャネラーから

朝鮮のくくり姫だから、白頭山に行ってきてください。といわれて

くくり姫って何?そっち系、全くわからないし、興味もないのに

いきなり白頭山とかぶっ飛びすぎて無理無理。

と思いながら、その後、どうすればいいんだろうと

当時、二日間ほど。真剣に悩んでしまうという。(^^;

 

現実的に考えて、結局、行ってないけど。

なんで白頭山っていわれたのかは、ここまでの流れで

なんとなくつながった。

 

その時に、さくらんぼソウルを復活させるとか

なんとかかんとか言われて。

よくわからないけど、なんとなくわかってきた。

ってところ。 いまここ。

 

 

 

相変わらず、飛び飛びな浮かぶままに羅列した

まとまり感のない文章と、最初につけたタイトルが

同じ空気感を帯びているのか、わからないけど

ひとまず、アップしとこ。

 

 

そのうち、ここまでの生きてきた道を

順にまとめて仕上げたい。社会の縮図的に仕上げたい。

 

9月9日まではそこに集中。

その後のことは、またその時、もしくは、その少し前あたりで

考えるといいのかも。

 

日に日に、文章が長くなる。

詩的な感じが遠のいていく。がっくしがっくりがっかり。

 

文章長いと、ぱっと見がつまんなくて

読む気しなくなる。後で、気が向いたら、編集しよう。

自分のために。( ̄▽ ̄)

 

娘に「天気の子(映画)、観に行こ―」って誘ったら

思いっきりフラれた。。。(T_T)

 

 


新月と満月の日に開催中の

Cosmic Sound Journey

コズミック・サウンド・ジャー二―

 

深い層での癒しと解放へと誘う

サウンドヒーリング

 

日々を自分らしく生きたい方へ

宇宙の真音が細胞を活性化します。

 

>>> 開催日程 

 


Instagram

 自由気ままに更新中

https://www.instagram.com/psyche.par.sonre/