· 

vol.108 気持ちの深みにおりていきたい

 

 

先ほど投稿した記事が、長文過ぎて、

自分で読みなおしてて疲れるので。(-_-;)

詩を詠んで、気分転換。

 

世に存在してくれるアーティストのみなさんに感謝、感謝!

わたしの人生がカラフルに豊かになっていくのです。

 

 

 ♪  ♪ 

 

 

詩や音楽には、こころを元気にしたり

人をつないだり、国をつなぐ力があると思う。(^^)

 

感性・感情・感覚あってこその人生。

だと、私は思っている。

 

 

 

★谷川俊太郎さんの詩★

「きもちのふかみに― a song 」より。

 

谷川俊太郎さんの詩は、波長が合う。

生きていく中で、

どれだけ勇気づけられ、励まされてきたかわかりません。

 

 

 ♪  ♪ 

 

 

きもちのふかみにおりていきたい

そこにはにじもほしもないから

かえってこえはよくきこえるんだ

まっくらのなかでじっとしてると

おとなもこどももきっとおんなじ

こわいこともたのしいことも

 

 

いつしんだってかまわないんだ

だけどできたらいきていたい

かみさまなんていないんだから

 

 

ともだちだけはほしいとおもう

はなしをきいてくれるともだち

てをにぎっててくれるともだち

 

 

きもちのふかみにおりていこうよ

せんせいとおやとぼくときみと

めにはなんにもみえないとしても

きっとなにかがきこえてくるよ

ほんにはけっしてかいてないこと

うたがはじまるまえのしずけさ

 

 

 

春からここまで、「海の幽霊」Spirit of the sea って曲にずいぶん励まされて

私にとっては、まるでフラワーエッセンスのような、そんな存在でした。

夏至の凹んでた日にも紹介した曲。(この記事

 

 

 

映画も娘と一緒に観に行って、

初っ端から寝てしまいそうになり、娘に起こされながら

苦手な映画館で静かに感動しながら観終えました。その時の記事