· 

vol.137 いのちの記憶

 

 

本日、日本航空123便墜落事故から34年。

 

当時、弟はまだ生まれておらず、

父と母、妹と私で家族旅行を予定していて

この飛行機に乗る予定だったのです。

 

父の友人が一緒に旅行に行きたいと言ってきて

父の判断で、急遽、東京~大阪から沖縄に旅先を変更し、

福岡空港から自宅に帰るタクシーの中のラジオで

御巣鷹山墜落事故を知りました。

 

父の「おい、これ、俺たちが乗るはずやった飛行機じゃないか?」という

ことばと声色、一瞬にして凍りついた車内の空気感を

いまでも鮮明に思い出します。

 

毎年、この日は、このワンシーンや

大学卒業後、当時の機長の娘さんと共通の知人がいて

たまたま、2度ほど、一緒に飲んだ(私は飲めないけど)

記憶が蘇るのです。

 

 

 

祖父母の命日やお盆、そして、この事故のこともあり

は、毎年、私にとって「生きること」に想いを巡らせる季節です。

 

メメントモリ。死を想う。死を思う。

いのちとは。生きるとは。生きていくとは。

 

 

 

父方のお墓がある場所で。娘と私の影。
父方のお墓がある場所で。娘と私の影。
母方のお墓がある場所から見た空
母方のお墓がある場所から見た空

 

今日、家族との会話の中で出てきた曲や

私が聴いた曲をご紹介♡

 

 

インスタでアップした写真から2枚をピックアップ。

ここを訪れてくださった方が幸せでありますように。

平和な世界でありますように。

 

祈りを込めて。。。☆☆☆

 

 

数日前から、精神病理に関する情報を

精神病棟に関わっている(関わっていた)人や

通っている人たちから

直接、聴くような流れになっていて

誤診じゃない?って思うようなケースもあり、気になることだらけです。

 

ひとまず、いま、出来ることをひとつひとつこなしていけるよう

身近な信頼できる人たちとタッグ組みながら進んでいます。

 

ここまでの経験と集めた情報が役に立ちそうなので

当分、引きこもっての作業が増えそうです。

あ、ずっと、引きこもってましたが。。。(^^;

 

 

 

ブログも極力、途切れることなく更新したいなと思っているのですが

なんとなく、自己表現、出来る限り、し尽くした感があるので

秋から、仕事再開できるように、ぼちぼち、マイペースで進みます。

 

妄想暴走族、卒業です。

 

 

 

暑さが続きますので、どうぞご自愛くださいませ♡

 

 


新月と満月の日に開催中の

Cosmic Sound Journey

コズミック・サウンド・ジャー二―

 

深い層での癒しと解放へと誘う

サウンドヒーリング

 

日々を自分らしく生きたい方へ

宇宙の真音が細胞を活性化します。

 

>>> 開催日程 

 


DIALOGUE+DIARY

「そんれのプシュケな日々」

カオスな私の日常が、誰かにとっての光になってるといいな。

と祈りながらブログ、気の向くままに、更新中です。

https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/


Instagram

 「妄想・空想・幻想的日常の記録」

https://www.instagram.com/psyche.par.sonre/