· 

vol. 248 雑感(1215)

 

画像は、昨日、スケート場で男の子が見せてくれた

ハート型に固めた氷。

 

先週、一期一会的に娘が遊んだ子で

昨日も、会えて、娘が、大喜びしていたのですよね♪

 

学校のおともだちも来ていて、

3人で仲良く遊んでいて微笑ましかったです。

 

 

 

昨日は、この記事で紹介した「宇宙のカケラ」という本とは別に

春からの混乱中の、この間に初めて知った

精神科医の本を持って行っていて

 

あっ、

私が尊敬している精神科医の師だと思っていたら

逆だったんだ。って

勘違いしていたことに気付きました。(;^_^A

 

 

ある界隈では、精神科について、叩いている人もいて

実際、私も、現状なんかを聞いていると、いろいろと思うこともありますが

心ある精神科医の奮闘もある訳で、こういう問題って難しいですよね。

 

社会への問題提起は、

やんわりふわふわした言葉だと

さらさらと流れてしまいがちですしね。

 

 

ただ、個人的には、

ひとりひとりの意識が社会をつくっているとはいえ、

戦い的な促しは、また新たな戦いを生み出す。と思っています。

 

生きていくのは、きれいごとばかりではない。

でも、だからこそ、美しさが力となることがあるのではないか。

 

というのを、いろんな意味でマイノリティーという立場にいて

幼少期から、周りのおとなたちを観ながら

いろいろと感じ、思い、考えることがあります。

 

谷川俊太郎さんの、このことばが好きなんですよね。

➡ 寡黙な言葉

 

 

 

今日、娘に、

「オンマ、最近、おしゃれも全然しないし、おばあちゃんみたい。

ブログばっかり書いていて、死んでいく人みたい。」と言われて

 

確かになぁ。と思いながら、

伸び伸びになった前髪を切った後に

ふと、何をこんなに必死にブログ書いてるんだろう。と

 

我に返ったのか、我を失ったのか、

どちらかはわかりませんが

何のためにしてるんだろう。。。と思う自分がいます。

 

したいからしている。で、

そこに理由は要らないような気もしますが。

 

 

 

優先順位的に、いま、これをしないといけないのか。

と自分自身に問うてみると、Y E S とは言えない。

 

これまでにしてきたことが、想定外すぎる展開だったので

後悔を残したくないというだけで、

途切れないように自己表現をしてきてみたけど、

一旦、ここで、一度、手放してみてもいい気がしています。

 

そして、また、

どうしても続けたくなった時に始めればいい。

 

 


 

記事作成中に聴いた曲たち

 


DIALOGUE+DIARY

「そんれのプシュケな日々」

カオスな私の日常が、誰かにとっての光になってるといいな。

と祈りながらブログ、気の向くままに、更新中です。

https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/