· 

vol. 270 道は示される。

 

夕方、仕事終えて、

冬休みに入り実家で過ごしてくれている娘を迎えに行く前の

30分ほどの休息時間に、あっ、いま、先生に電話してみよっ♪

って、ふと思い、電話をかけると繋がりましたヽ(^。^)ノ

 

※ ひとつ前の、この記事を読んでくださると流れがわかると思います。

 

 

♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

 

 

離婚の話を難なく進めることができたこと。

いま、娘とふたり暮らしをしていること。

 

そして、今年の春、いきなり意識感覚がおかしくなり

不思議現象の中、不安の中にいて

ようやく通常モードに戻ったこと。

 

地震後の3年間が、自分が思っていたよりも

実際には、心身共に、限界を超えたところにいたということ。

それを今回、解放出来た気がするということ。

 

 

この間、先生と出会ってから先生がくださったお言葉を

よく思い出していたと言うこと。

ご縁をいただけたことに感謝しているということ。

それを、どうしても、伝えたかったということ。

 

を、10分も話していませんが、一方的に喋り続けました。w

 

 

 

途中、ふいに涙が出てきて、

「わー、先生、すみません。泣くつもりはなかったのですが。」と

泣きながら、喋りたおすと、

 

 

 

最後に、先生が

 

「そんれ、よく頑張ったわね。本当によく頑張った。

生きるってそういうことよ。私がそんれと出会ったのもお導き。

貴女の今回の出来事も、そうだと思うわよ。

あなたが経験してきたことは、必ず、今後、役に立つ時が来るからね。

私が、いつも言ってるでしょ。いま出来ることをしていると

道はかならず示されるから。」

 

と、先生らしいお言葉を下さいました。

 

 

 

 

 

いま、私は

幸せな気持ちで満ち満ちています。

 

 

 

 

 

♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

 

 

↑ 

子どもの頃、母が寝る時間になると

この曲が収録されているレコードを、よくかけてくれていました。

懐かしい気持ちになります。(^^)

 

 


DIALOGUE+DIARY

「そんれのプシュケな日々」

カオスな私の日常が、誰かにとっての光になってるといいな。

と祈りながらブログ、気の向くままに、更新中です。

https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/