· 

vol. 277 今年最後の新月☆

 

 

本日、部分蝕を伴うやぎ座の新月です。

 

新月は、新たなスタートを切るのに最適な日だといわれています。

新月に心身不調になりやすい方も多いようですが

いかがお過ごしでしたか? (^^)

 

お昼過ぎには、日蝕が見れるとの

情報を昨晩、入手したのですが、北九州はあいにくのお天気でした。

って、仕事中なので、どっちみち、見れてないですが。w

 

 

・:,。゚・:,。゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。゚・:,。゚・:,。☆

 

 

12月3日に、拡大の星である木星が、

いて座からやぎ座のお部屋に移動しました。

 

やぎ座は、コツコツとひとつひとつを積み重ねていくことが得意。

「社会」や「力」なども象徴します。

 

➡ 木星やぎ座シーズン☆関連記事 (カテゴリ欄までどうぞ)

 

 

話、飛びますが、

この日、すごい、いっぱい記事投稿してる。w

数えたら20記事。www

ピンとくるタイトルの記事読むと、

何かしらのヒントになるのではないかと。^^

 

➡ 12月3日投稿分 

 

 

・:,。゚・:,。゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。゚・:,。゚・:,。☆

 

 

さて、ここからは、

久しぶりにプシュケメッセージです。

いつぶり?w

 

プシュケとは、いのち・呼吸・たましいを意味します。

そこから転じて生きることの意味も含みます。

 

 

 

時代は、急速に変化進化中です。

わたしたちは、いま、新たな時代の局面にいます。

時代と時代の節目を生きています。

 

ここまでに通用した既存の価値観や生き方が

崩れ去ることもあるでしょう。

 

長らく続いた資本主義の在り方、お金の価値も

すでに変わりつつあります。

 

 

ますます機械化が進む中、

自然の一部である、わたしたち人間が

人として心地よく生きていくために

必要なことはなんでしょうか。

 

こどもたちに、繋いでいきたい

世界はどんな世界でしょうか。

 

 

 

 

ひとりひとりの意識が「社会」を創っています。

あなたが観たい世界はどんな世界でしょうか。

 

 

ある賢者は

「あなた自身が観たい世界で在れ」ということばを残しています。

 

批判や批評をすることは、ある意味、簡単です。

言いたいように言っておけばいいからです。

 

 

 

まずは、自分自身と対話し、

自分自身が、自分の観たい世界であることが

大切だと思うのは私だけでしょうか。

 

こどもたちは、おとなたちの生き様をみながら

育ち、成長しています。

こどもたちに紡いでいきたい世界とは、どんな世界でしょうか。

 

 

あなたが幸せだと感じる世界は、

こころの底から満たされる真の豊かさを感じる世界とは

どんな世界でしょうか。

 

 

 

あなたが観たい世界を

ひとつひとつ、積み重ねていこう♪♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最下段にあるカテゴリ欄のキーワードも、

すべてメッセージとなっております。

 

↓     

 

 

今年は、娘の影響で、若者に人気(?)の

米津さんの曲をたくさん聴きました。

記事作成中に流れていた順に、貼り付けておきます♪♪♪

 


DIALOGUE+DIARY

「そんれのプシュケな日々」

カオスな私の日常が、誰かにとっての光になってるといいな。

と祈りながらブログ、気の向くままに、更新中です。

https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/