· 

OP. 001 自然界からのメッセージ

 

阪神淡路大震災から25年。

私は、中学生で、その日、インフルエンザで

学校休んでいて、こたつの中で、丸くなってたのですが

暇だし、でも、動く余力はないし、

テレビでもみようと、電源入れたら、

地震のニュースやってたのを思い出します。

 

 

 

日本は、地震大国。

災害は、いつ起こるかわかりません。

 

熊本地震なんて、誰か予想してた人とかいるの?って感じだし

関東とか、何とかラインとかも定期的に情報流れるけど

備えあって憂いない場合もあるかもだけど、

いつ何があっても、後悔がない生き方をしていたい。って

私は思っています。

 

 

意識の深い層と接続していた時、

地震関連のメッセージもあったんですよね。

いま、名前が出てこないのですが、日本列島を横断している

なんとかラインが、読み解きで出てきた。

 

それで、地球自体も、いま、大きな転換期で

人間も自然の一部だから、意識の転換が必要。みたいなメッセージ。

人間の意識と地震もつながってる。みたいな感じのメッセージが

降りてきました。

 

 

東日本大震災の時は、原発の放射能のこともあり

私も娘が離乳食始まったばかりだし、

はじめての育児で、それじゃなくても、心身共にいっぱいいっぱいなのに

情報ばっかり仕入れて、頭ばかりがストイックになりすぎて

逆に、それが、ストレスとなり、心身に悪影響だったなぁ。って思います。

 

 

その頃、かなりの情報を追っていたのですが

あるブログに辿り着き、育児中のお母さんが

ガイガーカウンターとかで調べまくってるようなこと書かれてて、

水とかにもお金かけてるのに、こどもが、その水をこぼしたって。

確か、そんな感じの内容が書かれてて

はっっ!!ってしたんですよね。

 

あー、わたしは、こんな風には生きたくないかも。

って、率直に思いました。

 

その時に、なんか、勝手に自分でつくりだした

大きな背負っていた何かが、すーって溶けていったのです。

 

 

だからといって、

なんでもいい、どうでもいいってことはなく

 

いまでも、食のことや命のこと、

あとは、難しいことはわかりませんが、

政治的なことなんかも、娘と話し合ったりしています。

 

娘が通う学校は

「ミーティング」という時間に重きを置いていて。(たぶん)

 

尊厳を無視するようなことばが飛び交った時は

授業が中断されることもあるようで

娘は、好きな授業の時に、それが行われると

むちゃ、不機嫌で帰ってきます。www

 

 

 

冬休み入ってからだったか、所用で出かける道中、

何を想像していたのか、唐突に

「〇〇首相って、耳が悪いのかなぁ。」って

真剣につぶやいていて、私は、吹き出してしましました。。。( ̄▽ ̄)

 

娘いわく、大勢の人の声が届いていないみたいだから

耳が遠いのだと思ったのだそうです。www

 

「〇〇さんも、もう、おじいちゃんだからねぇ。

もしかしたら、耳が遠くなってるのかもよ。疲れてそうだよね。」

って返しておきました。www

 

国のトップに立つ人も、ストレス凄そうですよね。

私は、自由のない立場は、大金積まれてもしたくない。( ̄▽ ̄)

 

 

っていうか、相変わらず、我が家の愛娘は、

発想が面白すぎます。( ̄▽ ̄)

 

 

 


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

 

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル