· 

OP. 080 育児とか友人たちとの会話とか



 

娘が7歳の頃、小学一年生で寮生活をしていたのですが

この頃、娘の変化を観て、

通学に変更した方がいいな。と思い、

学園長含め数人で保護者面談をしたのですが、

その時の堀さん(学園長)の笑顔の奥の鋭さを察知し

あー、この学校に入れて良かった。って、心の底から思いました。

 

私は、疑問に思ったりしたら、何でも尋ねるようにしています。

と言っても、この時と、娘が大怪我をした時くらいですが。w

 

鎌倉に潜り込みたい。www

 

 

 

 

 

 

↑この頃が、一番かわゆい♡

って、いまは、思いますが、この頃は、早く成長してほしいって

毎日、祈りながら、ヘロヘロでした。www

 

でも、この頃に、しっかり「見てるよ!」って気にかけると

後々、楽なのですーーー。

自分の楽を考えて、さっさと自立して欲しいので、

この頃、そうやって、自分に言い聞かせながら、かなり頑張ってました。www

 

 

 

 

↑この写真、好きです。

 

この頃、夫婦揃って、喋り続ける娘に

エネルギー吸い取られまくってました。。。( ゚Д゚)

 

「○○は、口から生まれたん?」って、激疲れで言うと

「ちわうよ。あたまからうまれたんだよ。」って素で返ってきて

あー、こういう回りくどい言い方は通用しないんだな。って学びました。

 

母は、おしゃべりをやめてくれないか。

って言いたかったのですが。。。

娘は、私が、友人たちと

ふざけた会話しかしないと思い込んでいるので

たまーーーにだけど、真面目なこともあるということを

ここに示しておきます。

 


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

 

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル