· 

OP. 095 人間は肉体だけで出来ている訳ではない。

 

画像は、君はどこのベンチャー企業の社長さんかね。と

思わず声をかけてしまいそうな、現代っ子を謳歌している娘です。w

 

 

 

 

昨日も、

「オンマ、病気っていうのは、

その時のその人の、ただの状態なんじゃないの?

病気ってどうやって判断するの?」って

「だよねー。」としか返しようのない質問をしてきました。

 

私は、娘含めて、こどもたちの頭のやわらかさ、

言い換えるならば、思考や発想の柔軟さって

凄いなぁって思うんですよね。

 

人間社会で生きやすく幸せに生きていくために

そして、ここは日本なので、日本的な傾向といいますか

ある程度の社会のルール的なことは伝える必要があると思いますが

大人の方が知っているというのは、大人側の思い込みというか

傲慢さというか。。。私も含みますが。。。www

 

 

 

 

昨年の春からの意識錯乱期、年齢が下がれば下がるほど、

コミュニケーションがとりやすくて

私がまだ楽に過ごせるという時期がありまして

その時に、こどもたちは、それぞれに気質の違いはあれど

みな、例外なく、純粋でピカピカなエネルギーで出来ていて

自分の欲求をよく知っているなぁ。ということが

とてもとてもよくわかりました。

 

 

その時、私は、あー、いま、この層にいるんだな。

魂の層は、こんな感じなんだな。

周波数というか、いのちのエネルギーの回転率がとても高い。

言うなれば、波動が高い層なんだな。と読み解いていたのですが

 

いまのこどもたちにとって、

特に感受性の豊かな繊細なこどもたちにとって

現存の社会は、とてもガチャガチャしていて

生きづらいと感じる子たちも多いだろうなぁ。と思いました。

最も身体感覚がしんどかった時期です。

 

あらゆるエネルギーをただただ吸収している。

たくさんのことを感じとっている。

感受性の塊のような時期。

ただ、その状態を表現するための

言語が追い付いていない。ただ、それだけ。

 

それを大人は、大人の世界から、あれこれジャッジすることが

こどもの自信喪失に繋がっていることも

あるかもしれませんね。

 

 

 

 

甥っ子が、一時期、

「学校に行きだして

頭が悪くなっている気がする」と言っていました。

 

甥っ子は、とても繊細で優しい子です。

そして、いろんなことに、よく気が付くし

頭の回転も速い。と私は思っています。

 

これが、何を意味するかわかりますでしょうか。

 

 

 

 

加えて、

コミュニケーションというのは、

何も言語だけで成り立っている訳ではありません。

 

 

日本語には「肌で感じる」という言葉がありますように

言語以前に「身体感覚」を通して

コミュニケーションは行われています。

「気配を感じる」などが、まさに、それです。

 

 

私は、日本語の豊かさが好きなんですよね。

数式のようには出来ていない

人間の曖昧さだとか、心情などを表現するのに

ふさわしい言葉がたくさんあるからです。

 

日本語の世界は、とてもやわらかいなぁ。って思うのです。

それは、人間のこころや魂と共鳴しやすい

周波数をもつと言えるのではないかなぁ。と、個人的には思っています。

 

正しいかどうかは、わかりません。www

そこに、あまり興味がないので。。。(;^_^A

 

 

 

 

五感の中でも、人によって、

どの感覚が優位に出来ているのかというのはそれぞれで、

それが、いわゆる「気質」といわれるものにもつながるのだろうと

個人的には思っています。

 

身体性が優位な子、言語感覚が優位な子によって

自己表現の形態というものは変わってきます

 

 

 

 

言語が追い付かずに、手足が出てしまう子もいます。

それは、その子にとっての、

最大限の自己防衛のための自己表現だと言えるのではないかと。

 

だからと言って、暴力的なことをOKとする訳にはいきませんから

それで、誰かのからだが傷つくこともあるよね。ということを伝えつつ

その子が何を感じ、何を考えているのか、

何に困って、そのような行動に移ったのかを聞くのは

大人側の「聴く力」によるところが大きいような気がしています。

 

このようなケースでは、

「聞く」ではなく「聴く」ことが必要になってきます。

 

 

 

 

どうしても、人間社会では、言語優勢で

言語化が得意な人たちが優位に立ちがちですが、

どんな気質であったとしても

同じ「人」であり、同じ「いのち」に変わりはない。

と、私は、そのように思っています。

 

 

 

 

っていうか、記事タイトルと記事内容が

かみ合っていない気がするのですが、

タイトルは、あとにつけた方がいいのかなぁ。。。(;^_^A

 

いつも、パって、タイトルが浮かんで

そこから、思うままに記事にしているのですが、

記事を作り終える頃には、タイトルから遠のいている感が

毎回するのです。。。( ゚Д゚)

 

鍼した後、NHKの土曜ドラマみたまま

大爆睡して、中途半端な真夜中に

目が覚め目が冴えてしまったのですが。。。( ゚Д゚)

 

こうやって、生活リズムが、

ガラガラと崩れ散っていきます。

がちこん、がちこん、がちこん。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

「時の歌」という曲も、昨年、知りましたが、

歌詞・メロディーともに好きな一曲です。↓↓↓

 

 

 

 

 この曲の歌詞も好きです。

 

 

 

「春の夜に」っていう曲、初めて聴きました。

素敵ですねぇ。歌声にうっとりします。ヽ(^。^)ノ

 


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

 

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル