OP. 104 こころのふるさと ☆ 心象風景

 

昨日、自宅を、より快適空間にしようと

ふと、配置図が浮かび、せっせと物の移動などしていたら

娘の就寝時間になっても片付かず、

 

今日だけ、自分の部屋に布団敷いて寝る?って聞いたら

「わたし、これから、ここで一人で寝たい!

最近、自立しよう♪って思うの!自立したい!って思ったの♪」

と、アイドル並みのジェスチャー付きでかわいく言い放ち

「おっ!」と思いました。w

これで、またひとつ、手がかからなくなります。www

 

 

 

 

物置部屋と化していた部屋もだいぶすっきりし

少しずつではありますが、

外出時間も増やしていけるかもなぁ。と直感したので

やっとやっと、ここから、落ち着いて生活していけそうな予感がしています。

あくまでも、予感ですが。w

 

 

本来、散らかった場所があまり好きではありません。(;^_^A

幼少期、まだ3歳前の保育園に通っている頃から、

用意するものなどの確認を怠らないような子で

土遊びも嫌がるような子だったようです。www

 

 

 

 

今朝早くに目が覚め、

あー、完全原点回帰した感があるなぁ。と、ふと思いました。

 

 

昨年の盲腸手術から約一年、

ここまでの人生の大掃除を終えたような感覚があります。

完全リセット。

 

とはいえ、細々としたものは、まだ残っていますが

昨年GW辺りから、意識錯乱が始まり、ここまでの長い長い

不思議不思議な旅が、ひとつの終始点を

迎えようとしているのかなぁ。と、ふと思いました。

 

 

 

 

おそらく、もはや恐怖しかない

FACEBOOKにいる人たちの情報は

今後、追うことはないだろうと思います。

 

そして、歩み寄りのない関係性は

すべて手放すこととします。

 

私は、人生の中で関わる人は少なくていいと思う人間で

それよりも、質を大切にしていたい人だからです。

その「質」というのは、

あくまでも「私基準」ではありますが。

 

 

 

 

わたしは、今回の、昨年の不思議不思議な一連の出来事を

「魂をめぐる旅」と名付けることにします。

 

 

40年前の秋のある日の正午、

この世に生まれ出てきてここまで、

 

幼少期に始まり、過去を思い出すことが多かった

昨年の2019年は、

ユング(精神科医)の言うところの

「人生の午前」と「人生の午後」の

ちょうど、その境目にいたのかもしれません。

 

関連的にふと浮かんだ記事がありますので

こちらに移動します。

 

 


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

 

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル