· 

OP. 110 表現の世界+文化芸術の世界

 

アートな世界って、個人的には、

セラピーのひとつになり得るなぁ。って、ずっと思っていて

そういう分野にも、もっとスポットが当たるといいのになぁ。

って思っています。

 

アートとか音楽の世界って、

その表現者の世界観が在りながら、

個々が感じたいように感じることが出来て

そこに感動があったりすると、それだけで

もう充分にセラピーなのではないかと思うのです。

 

 

下記の記事をぜひ読んでいただきたいのですが。

➡ 聖なる会話、あるいは心(真)的対話 

➡ いのちの対話 

 

 

 

同世代の本とか出しているお医者さんの観点がとても好きで

いま、名前、思い出せないのですが。

すみません。。。( ̄▽ ̄)

 

サウンドヒーリングとかも紹介しておられて

あー、こういうお医者さんがもっと増えるといいなぁって

個人的には思うんですよね。

 

それに、同世代の人が活躍しているのを知ると

嬉しくなるのですよね。ヽ(^。^)ノ

頑張ろ。って気分になるのです。

同世代ってだけで、親近感。www

 

 

 

日本ってお医者さん好きじゃないですか。w

たぶん。www

 

 

だから、そういう方が代替療法的なものを発信してくださると

文化芸術の世界が活かされながら、

生きやすいとは言えない現代社会の病的なものが

やわらかく癒されていけるんじゃないかなぁ。とか思うのです。

 

それに、世界では、ドクター並みの地位にあるのに

日本では、まだまだ、地位の低い

いわゆる「自然療法家(セラピスト)」と言われる人たちの

仕事も増えるのではないのかなぁ。とかって思うんですよね。

 

需要があれば、その世界も潤っていけるし

質も高まっていくのではないだろうかと。

 

とか、言いたい放題言って、

言うのは、ほんと簡単ですけどね。(;^_^A

 

 

私は、理論的なものも大切かもしれないけど

感性とか感受性とかって、すごい大切なんじゃないかって思うのです。

これから、人間のしていた仕事は、ほぼほぼ機械に

乗っ取られていくじゃないですか。

 

でも、人間性だとか、感情とか心とかって

機械化できない、数値化できないじゃないですか。

そこにこそ、人間らしさがあるのではないか。と思うのですが。

 

機械に世界を乗っ取られるなんて

人間たちよ立ち上がれ!って気分になります。。。( ̄▽ ̄)

 

AI、AIって

機械苦手だっつーの!って、大声でぼやきたくなります。。。

はぁぁぁぁぁぁぁぁ。。。。。。。。。。。

 

 

 

っていうか、タイトルと記事の内容を一致させるって

私にとっては、かなりハードル高いんですよね。

 

毎回、ちぐはぐ過ぎる気がするのですが、

大丈夫なのでしょうか。。。全然、わかんない。(T_T)

 


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

 

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル