· 

OP. 115 緩和ケアとか気付きとか。

 

 

近年、好んで読んでいた、というより

この先生のレベルに近づけるようになりたいと思う

とても共感することの多い精神科医の先生の書籍を

 

かなり読み込んでいて、それを体感レベルまで落とし込むのに

付箋貼った箇所は、完全に覚えるくらいに

何度も何度も読み込んでいた本が数冊あるのですが、

その中の一冊が、ふと目に入り、ぱらぱらと開いてみたら、

イメージしながら、体感レベルに落とし込むのに

あれだけ苦戦していたのが、この1年の実体験で

理解度の深度が上がっているのがわかって、

 

うまく言葉にならないのですが、

あー、ここがわかるようになって良かった。と思いました。

 

 

 

 

それは、緩和ケアに関しての

スーパーバイズが載っている本なのですが

心理カウンセリングの類の内容ではなく、

死の宣告をされた方や、病の中を生きてる方たちへの

薬とは別に、必要なケアとしての

患者さんとの関わり方などが記されているのですが

苦戦しながら読んでいたものが、すーっと息をするように

そこにある言葉が入ってくることが、とても嬉しいです。

 

 

 

 

過去に、もう遥か昔のことですが

健康産業界のセラピスト向けの「セラピストマインド」的な

セミナーに参加したことがありますが

 

講師の方は、界隈ではファンも多いようですが

その内容の質の低さにびっくりしたことがあったんですよね。

実地研修などを1mmも経験していない人なんだなぁということが

すぐにわかったのですが、教祖様のように慕っている人も多く

わー、これが広がるって、やばいなぁ。って正直、思いました。

 

私には、人のいのちが

商売道具にしか見えてないように観えたからです。

「ビジネスマインド」と名付けた方がしっくりくるような内容でした。

 

 

 

 

理論的なものは、机上論でもいいかもしれませんが

「人間」という常に揺れ動いている生命体を

サポートするということ、ケアするということが、

どういうことなのか。ということが、何もわかってない人が

こういうセミナーをしてしまうんだなぁ。と

とても勉強になりました。 反面教師的に。

 

これ系に関することは、

個人的にいろいろと思うことが多いのですが

この場では割愛します。

 

 

 

 

↓ 

この曲、初めて聴きました。

YouTubeの流してくる曲の基準がよくわかりませんが

この方の曲は、聴いていて心地よいものが多いですね。

私は好きです。


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

 

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル