· 

OP. 119 いのちをめぐる旅

 

今日は、外も暖かく過ごしやすい上に

視覚周辺の異常な拡張感もなく、

あー、昨年春以前の

意識おかしくなるまでの感覚ってこんな感じだった気がする。

 

って思いながら、洗濯物を干していたら

風邪気味の娘が唐突に「からだが元気になったら

またお花屋さんごっこがしたい。」と言い出して

 

さきほど、妹手作りのキムチを取りに実家に行って

帰りの自宅近所にある、お花屋さんを見ながら

あー、また、花飾ろう。って思ってたとこだったので

シンクロだー!とか思いながら、

 

ふと、最も意識おかしくて混乱困惑の中で

辛うじて日々を過ごしていた時に撮った写真を思い出したので

少し加工を施したものを記事画像に選びました。

 

 

この頃、娘と一緒に

お花屋さんごっこをしたんですよね。布団の上で。www

いまでも、その場面は思い出します。

 

器用に、次々と色紙で、リンドウやヒマワリなど

いろんなお花をつくっていて、チャクラ別なの!

こども魔法塾で使えそうじゃない?って嬉しそうに作っていたのですが

 

 

私は、この頃、いきなり意識感覚おかしくなって、

娘に他の人の魂が乗り移っているって思い込んでた頃で

どこまでが娘で、どこまでがそうじゃないのかわからなくなって

恐怖の中、もしかしたら、違う可能性もあるから、

どっちでもいいように、

娘に悪影響がないように関わるよう心がけていました。

 

 

 

 

この頃のことは、思い出すと

いまでも涙が出てくるので、あんまり思い出したくないです。

 

ただ、学びもあって、

嫉妬深い人の凶器的な狂気というか、

自制も効かない野生動物のような怖さというか

世の中には、こういう人もいるんだなぁ。ということが

よくよくわかりました。

 

 

あんまり、そういう人と深く関わったことがなかったのですが

でも、今回、初めて、関わってみて、

あー、こういう人たちの生きてる世界は、

とてもじゃないけど生き辛くて、私は無理だなあって思いました。

 

自分がそういう生き方を選択するのも嫌だし

そういう世界にいる人と関わるのも嫌だし。

 

 

 

まぁ、でも、おかげさまで

あらためて、自分の好きな世界を確認することができました。

それをするには、あまりにも

代償がおおきかったように思いますが。

 

 

 

 

私は、個人的に

「華」よりも「花」が好きなのです。

そして、「咲かぬも花」

という観点を大切にしている人間です。

 

心理の世界に長年、居続けていて

最も大切にしていることかもしれません。

 

他人の人生を壊してでも自分の夢を叶えたい

「人生の最後は華咲かせたいんよ」と堂々と言ってしまえる

40歳にもなる、いい歳した大人が

人の褌で相撲を取るような、

妄想の世界を生きてしまえるような生き方を

私は、1秒も選択したことがないのです。

 

娘リクエストで

「宇宙図書館」という曲を一緒に聴きました♪

 

 

 

虹っていうタイトルの曲が流れてきました!

 

嬉しい。意味はないですが。w

でも、嬉しい。ヽ(^。^)ノ

 

 

↓この曲、はじめて聴きました。

 

 

↓ また「虹」ってタイトルの曲!なんか凄い。w


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

 

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル