· 

OP. 148 大いなるいのちが誘う魂の旅 ☆ 2019ー2020

 

画像はアルケミークラスのチャクラ講座用に作ってたものです。

7チャクラは、東洋医学でいうところの

「百会(ひゃくえ)」という頭上にあるツボあたりにあるとされている

エネルギーセンターです。ツボみたいなものです。w

 

大雑把にいうと、

それぞれの分野で言い方というか、呼び名が違うだけって思う。

 

 

チャクラは、

色とかアロマとかいろんなものと繋がっていて、

理解しやすいし、応用もきくし、

暮らしの中で自己調整をする際にとても役に立ってきたから

個人的にすごく好きな観点なのです。

 

 

 

 

人間は「からだ・こころ・たましい」の三位一体とされていて

私は、それを信じているのですが、

今日、友人とのやりとりの中で7チャクラと3チャクラが出てきたので

ここに記録として残しておきます。

 

この間、これまでに学んだ心理学やセラピー、ヒーリングなどの知識を

総動員してリーディングをしていて

この世の成り立ちというか、

そういうものが深いところで理解できたというか

ずっとずっと知りたかったことが腑に落ちた感じがあるのです。

 

体感として感じとることが出来たというか。

知識として知っていたことを

体験させていただけたという実感があるのです。

 

私にとっては、大きな自信につながる

貴重な貴重な体験をさせていただけたことに

大いなるいのちに感謝しかありません。

 

やっと、ずっと、書きたかったことを

文章に出来ている感じがして嬉しいです。

また涙が出てくる。www

こういうことしかやってきてないから

他に仕事出来ることなくて、困り果ててるけど。。。www

 

 

 

 

昨年は、しんどいことの方が多かったけど

ずっと、魂の声のままにというか

大いなる存在の導きのままにと言った方がいいのか

その感覚の中、過ごしていて

 

でも、意識感覚はだいぶおかしいし、

頭おかしくなるような現象が立て続けに起こるし

自分が、ただ、おかしくなってしまったのかもしれない。

という感じも拭えないし。

 

これを理解してもらうのに、どう説明していいのかもわからないし

やっと、ここから軌道にのせられるかもしれないという仕事がなくなって

必死で毎日、リーディングを頼りに記事を作り続けてきたのですが

なんとなく、一旦、完全に手放すときが来てるのかもしれない。

という感じがしています。

 

桜が咲く頃を目処にしようと思っていて、

日にちまでは、まだ決めかねているのですが。

 

それまでは、どこまで完成させらるかわからないけど

ここの「いのちの書」を

まとめられるだけまとめられるといいなぁ。って思ってます。

 

 

 

記事にすると、点在的になるのですが

ずっとずっと、流れとして、どの記事も繋がっているのです。

 

それは、空に無数の星があるけれど

ひとつの大きな宙のなかに包まれているように。

人々が同じひとつの地球上にいて

ひとつの空でつながっているように。

 

 

 

 

この間、私なりに受け取ったメッセージを

ひとりでも多くの方に伝わるよう祈りを込めて

発信してきたつもりですが、どこまで伝わっているのかは

正直、わかりません。

 

でも、この記事、ここまで書いて

あー、なんか放出出来てよかった。

って思う私がいます。

ここを表現出来て良かった。って思う「いまここ」です。

 

 

 

 

この間、いろんな関係性に罅が入りました。

壊れたものもあります。

だけど、別にいいかな。って思ってます。

 

私は、両者が想い合う関係性以外には興味がないから。

尊重しあえる人とだけ関わっていたいのです。

 

その想いの質量は同等に近い感じじゃないと

関わり合うのは難しいと思う。

それぞれに関わりたい人を選ぶ自由があるから

そこが一致しないと難しい。

#連想連奏的に。

 


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル