OP. 196 3月のはじまり。(2020)

 

3月ですね。世間が更にごちゃついてきてるようですが

内なる世界だけでも健やかに保っていたいですね。

私は、俗世から遠い場所で生きてますが。www

 

 

コロナ影響で卒業式とかもないまま

終わっていく学校もあるようで。。。

入学式とか卒業式って、私は好きなんですよね。

ひとつの儀式的なもの。って思っていて。

自分の人生の節目節目を、

ひとつひとつ完了させて次に進む。的な感じで。

 

娘の学校は、いわゆる、「式」というものはありませんが

入学式にかわる「はじまりの会」や、

卒業式にかわる「おわりの会」と名付けられた

イベント的なことがあります。

 

司会進行など、ほぼほぼ、こどもたち。

役員とかも、全部、したい子たちがしてる感じ。

なんかいいですよね。そういうの。

 

 

こども時代に、たくさんのこと体験して

たくさん失敗もしたらいいよね。って思ってます。

 

娘や甥っ子が、誰も咎めないのに

失敗することを嫌がっていた時期があって、

失敗は悪いことじゃないんだよ。

失敗するから、工夫する力もつくし

いっぱい失敗した方がいいよ。

って伝えていた頃があります。

 

 

私が、与えられたものをある程度こなせるような子だったので

大きな失敗というものをしてきてなくて

それ以上の何かに挑戦しようとすることもなくて

独り暮らしを始めた頃、知らないことだらけだな。

って思って、何も出来ることないし、何も知らないし。で

大学時代は、コンプレックスだらけだったので

 

こどもたちには、小さいうちに、安心安全の守られた中で

たくさん失敗して、たくさんケンカもして

それぞれの折り合いの付け方というか付け所というか

そういうものをからだ全体で学び掴んで欲しいって思います。

 

ケンカするとすぐに大人が介入したり

すぐに暴力だの何だの騒ぎ立てますが

こども時代に、そういうの制御されると

かならず、どこかで爆発しますからね。

 

 

私は、日本しか、

その中でもかなり小さな世界しか知らないけど

私が言える立場にはありませんが

なんか、きれいな生き方を

求めすぎてるんじゃないかな。って思う。

そういうのが流行ってるのか、国民性なのかわかんないけど。

 

生きるって、

そんなきれいなことばかりじゃないじゃないですか。

どんなに悲しくなっても、眠くなるし、

トイレにも行きたくなるし。w

 

 

 

 

いかにも「私、良妻賢母で、仕事もうまくいってるんです♡」

「年もとらなくて、若さキープしてます♪」

「育児と仕事両立して、おしゃれも完璧!」的な

フォトジェニックな生き方とか売り出し方って、

個人的には、なんの深みも魅力も感じないのですが

やっぱ、そういう方がニーズあるんですかね。仕事的に。

 

 

アイドルチックな感じの方が

日本ではウケがいいんでしょうかねぇ。

わたし個人の好みからかけ離れ過ぎていて

どこに向けて発信すればいいか

全然わかんない。(;^_^A

 


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル