NO. 028 花のある暮らし

 

 

色に惹かれて

ラナンキュラスを連れて帰りました。ヽ(^。^)ノ

 

 

花ってすごいですよね。

そこに在るだけで

空間が変わるって凄いことだなぁって思います。

 

「主張なき存在感」ってことばがぴったりな気がする。

それって凄いことだなぁ。って個人的には思っています。

 

 

ラナンキュラスはおとなになって知った花のひとつ。

まろやかな感じがとても好きです。

 

 

 

 

 

娘は、アニメに出てくる

何とかというキャラ(忘れた。。。)の

コスプレをしたくて作ったという

蝶々の髪飾りをして、ルンルンで旅に出かけました。www

 

 

 

 

明日は、おひつじ座の新月。

「はじまりのはじまり」って感じ。

 

そうはいっても、途切れることのない

連続した時間の中での、人間が決めた

ひとつの区切りって気がしますが。

 

 

こういうのって、自分の儀式的なもの。って

個人的には思っています。

ある種のおまじない的な。

気分よく過ごせるなら取り入れよう。くらいの感覚。

私的には。

 

 

 

 

1年前のおひつじ座の新月は、

すごくウキウキしていた記憶があります。

いまは、対極にある感じ。(;^_^A

 

でも、やっと、神経の拡張感も完全になくなり

尋常じゃなく異常な身体感覚だった昨年を考えると

日々、フツーに過ごせていることが

ある意味、奇跡的。

 

 

 

そう考えると、人間ってよく出来てますよね。

生き延びるための叡智が、元々、備わっているのだと思います。

たまたま、私が心理学の知識とかが多少なりともあったから

説明が出来ただけで、

そんなの知らなくても、からだが同じように動いてると思う。

 

 

そして、昨年の私の状態を観ても

どの観点でどこを起点にするのかによって

それを病とするのか、発達とするのかは

変わってくるのだろうと思います。

 

 

病気を学んだ人は病気として診るだろうし

スピリチュアリティを信じる人たちは

そういう視点から観るだろうし。

 

実際、同じ「私」という人間なのに

反応は様々で、判断もそんな感じでしたしね。

 

 

 

 

正直、昨年の春以前とは感覚が違うので

ふとした時に、「あれは一体なんだったんだろう」って

よくわからなくなる時あるし

でも、起こった事実やその時の身体感覚は

しっかり覚えていたりするし。

 

 

病気と言えば病気なのかもしれないな。

って、時々、思う私もいます。

現実が何だか全くわからなくなってますしね。(;^_^A

 

「いまここ」に「呼吸をしている私がいる」。

それこそがリアルの最もたるものなのではないか。

とか、思うのですが。

こういうのも屁理屈って言われるんでしょうね。(;^_^A

 

 

 

この辺で、一旦、いろんなことを

白紙に戻すタイミングなのだろうと思います。

結果を変えたければ、行動パターンを変えないと

何も変わらないですしね。

 

明日は、久々に、

じっくり自分と向き合う時間をつくるぞ!(^^)/

 

 

 

ここを訪れてくださった方にとって

明日が、おひつじ座新月にふさわしい

清らかな1日でありますように・・・☆

 

 



 

 

 

このPV、すごく好きで、

何度観ても見入ってしまいます。

曲調も好き。

 

 ↓  ↓  ↓


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  ver. パロディ

  ver. リアル