【11】コミュニケーションについて思うこと +「過去の今日」☆0405

 

 

今日、姪っ子が無事に、またひとつ歳を重ねて

みんなでお祝いをしました。

 

画像は、昨年同様、娘が手作りの

メイクアップセットを作ったものをプレゼントしていて

今年は、ポーチ付きです♡

 

 

 

バースデーソングを歌ってロウソクを消すときだけですね

関東にいる義弟もLINEを通して参加しまして。

時代だなぁ。って思いました。w

 

こういう時に、機械が進化したことへのありがたみを

とても感じます。

 

 

 

でも、機械の進化のスピードに

全くついていけていません。(;^_^A

 

なんか、いま、人とのコミュニケーションも

画面上を通してということの方が多くなっているようですが

便利な側面と、「ふれあい」が減少していくのかなぁ。と。

 

それは、人が人として生きていくのに、

どうなんだろうなぁ。と思う私もいます。

 

どうもこうも、ただ生きていくしかないのかもしれませんが。

 

 

 

 

なんか機械上の文章だけのコミュニケーションというのは

なかなか誤解を生みやすいのかなぁとか考えることもあります。

より、「わかり合おう」とする精神が必要になってくるのかなぁ。とか

個人的には思うのですが。

 

人間関係において、「関係性」を育むのに

両者が想い合っていないと、

そこを継続していくのは難しいなぁという気がしています。

 

 

時々、純粋に感動して言ったことばに

「あれ?なんか変なこと言ったかなぁ。」って思ってしまうような

パツンと流れが切れていくような感じになることがあって

再度、橋を架けてみようと投げかけてみるのですが

残念だなぁ。と思うことがあります。

 

こちらに想いがあっても、相手にそれがなければ

やはり関わってはいけないですよね。当然、逆も然りで。

それぞれ心地よさを感じる距離感みたいなのは違うから

お互いが調整しようとする意志がない関係性は

自然と離れていきますよね。

 

 

コミュニケーションというのは、言葉だけではなく

どちらかというと、その前にある「気の交流」だと私は思っていて

その交流に流れをつくるのは「ハート」に鍵があると思います。

 

チャクラでいうと、4チャクラ、

胸腺がある辺りだといわれています。

 

人は、脳だけで生きている訳ではないので

やはり「感じる」のは頭ではなく

からだ全体、そして、更に言えば、

ハート(心臓がある辺り)なんじゃないかなぁ。

って思っています。

 

 

 

 

「気の交流」に関しては、昨年、

深い意識層にどっぷり浸かっていたと思われる頃、

 

友人たちとやりとりしていて、その時の返信内容だとか

あとは、私が実際に体感した経験を通して、

いくつかお話したいことがあるのですが、

 

これは、文章でどこまで伝えられるかが

いまいち、わからないので、

いつか、どこかで話せるタイミングがあるといいなぁ。って思います。

 

 

 

 

不思議不思議な「空白現象」も

徐々に少なくなってきておりまして

段々といろんなことが絞られてきているのかなぁという気がしています

 

 

今日は、あるLINE上で27回連続で出現しているのですが。

それくらいでした。

 

 

なんか、こういう写真をみると妊婦さんや

出産後の新生児を育てておられる

お母さんたちや授乳中のお母さんたちが、

少しでも、ストレスの少ない環境で

過ごせているといいなぁ。って、心底、思います。

昨年、ファッション界は全く追ってなくて

あんまり、いろいろ見なくなりましたけど

でも、好きな感じのファッションを見るとウキウキします♪

 

 

人間にもいろんな性格があるように

フラワーエッセンスにも、それぞれ特性というか特徴があって

その違いを知るのが面白くて、いろいろ試してた時期があります。

 

フラワーエッセンスとかも、私が20代の頃よりは

ずいぶんと認知度が上がってきているような感じがして

すごく嬉しいです。


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです