【15】持続可能な生き方

 

画像は、月頭だったかに桜を見に行った時に撮った一枚。

ほうきを持って行って、魔女が飛んでるみたいな写真が撮りたいというので

ほうきを担いで、てくてく、山の麓へ。

 

飛んでるように見える写真を撮るには

ほんとに息が合っていないと難しくて

お互い、声を掛け合って、息を合わせようと試みるのですが

かなりの枚数の写真を撮りました。w

 

写真を撮りながら、人と協力し合いながら生きていくって

そういうことだよなぁ。と、思い

娘とも、この時に、そんな話をしました。

 

 

 

 

刻々と事態は変化していますね。

いつもと変わらずに不自由なく生活できていることに

感謝しかありません。

特に、熊本にいる娘の父親に。

昨年のある時から、フェイスブックがいきなり怖くなって

過去記事移動と、あとは、自分のブログをアップした時に

一番下のシェアボタン使って、

自動的にフェイスブックに投稿する以外は使っていないので

他の方がどのようにお過ごしなのかは、全くわかりませんが

みなさん、お元気にお過ごしなのでしょうか。

 

 

 

 

こういう事態になると、いろんな情報を追って

不安感などが増強する方もおられると思いますが

そういう方は、意識的に、少し情報から離れて

ご自身の呼吸をじっくりと味わってみる時間をつくってみても

いいのかもしれません。

 

「呼吸に意識を向ける」のは、

場所も時間も選びませんし、ひとりで出来ることですので、

ぜひ、一日のうちに、少しでもそういう時間を

とってみられてはいかがでしょうか。(^^)

 

 

 

 

いま、外出を控えている方は多いと思うのですが

育児中のお母さんたちは、世の動きとは関係なく

元気いっぱいなこどもたちに、疲労困憊中の方も

少なくないだろうなぁ。と想像します。

 

 

特に、一軒家とか、マンションの1階の方とかは

場所によっては、ちょっとした庭みたいなのが

ついているところもあると思いますが

アパートとかマンションとかの集合住宅だと

なかなか、こどもたちも思いっきりからだを動かせなかったりと

ストレス源を探そうと思えば、いろいいろいろありますけど。。。

 

そういうところに意識を向けても仕方ないので

いま在る場所で、いかに快適に過ごすか。という

脳トレゲーム的に過ごしてみるというのも

私的には、おすすめです。

 

 

ほんとにこういう時は、それぞれが少しでも

心身にとって快適に過ごせるように

それぞれの過ごし方を、自分で考えて自分で選択する力が

これまで以上に求められるんだろうなぁ。って思います。

 

 

 

 

私は、元々、人付き合いは少ない方で

更に昨年、絞られた感があって

情報もそこから入ってくるものと

あとは時々、ブックマークしてる

なんか好きだなぁ。って思う方のツイッターを

気が向いた時だけチェックするくらいで

どんどん、いろんなことがシンプルになってきています。

 

 

今朝ですね、環境に関する情報をいただいて

なんか、世界中のあちこちで工場がストップすることで

自然環境は劇的によくなっているのだそうです。

 

こどもたちの未来を考えると

個人的には、ちょっと嬉しくなるような情報でした。

 

 

 

 

いまの現状は、ある種の

地球の自浄作用も兼ねているのかなぁとか思います。

大きな規模で考えると、人間は、ほんとにほんとに

小さな小さな存在で

自然をコントロールしようとすること自体が

浅はかな行為のような気がしています。

 

って、言うのはほんと簡単です。(;^_^A

 

 

 

 

まぁ、でも、いろんな視点で考えてみるのは

大事かなぁ。って思っているので

今日は、こどもたちに、こういう情報が入ってきたけど

どう思う?って、聞いてみようと思っています。(^^)


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです