Op. 112 円滑な人間関係は「違い」を知ることから始まる

 

娘とは、よく、人間関係について話し合います。

年頃の女子は、女子なりの悩みがあるようで。w

 

血縁関係にある親子といえども

私とは、気質が違うし、好みも全く違います。www

 

娘には、社会に出たら、いろんな人がいるから

いまは、その予行練習と思えばいいんじゃない?と

テキトーなことを言いながら、嫌なことがあった日は

極力、その話を聞くようにしています。

 

とは言えど、昨年のような、激震時間もあり

親といえど、完璧な人間はいないので、

常時、親業をこなせているかというと、全くそんなことはありません。w

 

昨日も、撃沈しそうな一撃が飛んできましたし。( ゚Д゚)

 この記事 

どんな身近な関係であっても

身近な関係であるからこそ、

私は、お互いがお互いの違いを知り、それを受け容れ合うことが

大切なのではないかと思っています。

 

「親だから」

「子だから」

「男だから」

「女だから」

 

そういうのは、役割でしかないというか。(;^_^A

 

その前の「人と人」である関係性を大切にしていたいと

個人的には思っています。

それは、どんな人間関係であっても。

 

この1年、いろんな方々と、関わりながら

それを実際に体現しているのって、ほんとにほんとに少数なんだなぁ。

っていうことが、痛いほど、よくわかりました。

ほんとに痛かった。www

 

私から離れたい人は離れただろうし

私も離れたい人からは離れました。www

 

私は、「人生の質」を大切にしていたいのです。

そして、私にとってのそれは「誰と関わるか」というものが

とても大きい気がしています♡

 

 

言えることは癒えること。

これは、私が尊敬しているひろの先生が

過去にFACEBOOKのコメント欄で教えてくださったことです。

 

この1年、仕事の宣伝を

第一の目的として記事を投稿し続けてきましたが

それは同時に、私自身の抑圧してきた「想い」

外の世界に向けて「伝える」ことでもありました。

 

チャクラで言うと、第5チャクラですね。

☛ 関連記事 

 

 

 

正直、望んでいた形ではありません。

ネット上での毒吐きなんて恐ろしいことを

私は好んでしたくはないし、

出来れば、ひっそり生きていたいからです。(;^_^A

 

でも、仕事を仕事としていくためには

「職業」を大優先に発信していく覚悟も必要ですね。

人生初、恐怖を抱えながらの大きなチャレンジでした。w

 

チャレンジしてみて良かった。と思う私が

「いまここ」にいます。

 

 

そして、私は、

職業柄、「ことば」を大切にしています。

これからも大切にしていきたいです。


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです