Op. 121 生き方の選択 ☆ 自らの生き方を問う

 

生き方は選択的である。

何かによれば何かによらないことを意味する。

その逆も然り。

 

「多様性」という雑多な世の中で生きていくとは

そういうことである。

私は「違い」を認め合える「関係性を生きる」ことを選択している。

おそらく、ここは変わらない。

 

 

この場で何かを表現・発信しようとすると

多種多様な人間模様の中での「関係性」を描くこととなる。

それは、時に、誰かにとっての毒でしかなくなる。

それは、時に、誰かを踏み台にすることとなる。

 

それは、時に、自らがその対象となる

可能性を含んでいるということでもある。

そして、今後、そういう世界が拡大するのは

目に観えている。

「ビジネス」とは「評価」の世界だから。

 

それは

前に進むことでしか得られないものがあることを意味する。

前に進むことで観えなくなるものがあることを意味する。

 

ここはそういう「場」である。

 

 

 

 

生きていく喜びは

生きていく悲しみを内包している。

 

心理の世界に長年居座り続けて

あらゆる人間模様を観察しながら

 

どんなに時代が変化しようとも、

どんなに環境が変化しようとも

ここは変わらない普遍的な世界だな。

 

と、いまふと思う。

 

 

#わたしたちの根源的ないのちの物語

 

#やぎ座満月を前に

#自らの生き方を問う

 

#プシュケ☆セレクト

 

#過去のプシュケ☆ラジオ

 


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです