op. 1001-2020-02 からだは記憶する + おすすめの絵本

「いま」は、それまでの「いま」を内包している。

どんな生き方をしてきたか。が「いま」を創っている。

 

細胞は、すべてを記憶している。

その細胞は、日々、生まれ変わっている。

 

大切な記憶は、からだが覚えている。

わたしたちに失うものは何もない。

 

日々、新たな日々が生み出されている。

日々、新たな時間が流れていく。

 

 

「いま」は「いま」しかない。

ふたつとして同じ「いま」は存在し得ない。

そして、人生とは「いま」の連なりである。

 

 

「いのち」はおわらない。

「悠久」という時の中で繰り返される「営み」が

「いのち」であり「生きる」である。

 

 

#プシュケメッセージ

#中秋の名月 2020

インスタ消してしまったのを

時々、後悔してしまうけど、

ふと、過去に浮かんだ思い入れの強いことばは、

からだが記憶しているんだな。って思います。

ふと、思い出すからです。

 

大切にしてきた愛着のある想いは

それが「カタチ」として残ってはいなくとも

そのエッセンスは、血肉となって「いまの私」を

創っているのだな。と、思います。

 

 

 

 

画像は、関東にいる姪っ子と一緒に読んだ

「だるまさん」という絵本シリーズ。

 

シンプルな言葉で綴られた「文字」というよりも

「音」を大切にしているように私には感じられる

リズミカルな絵本です。

 

まるで、リトミックのような絵本で

おすすめの一冊です。

 

 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです

 


 

 

#聴いた曲