op. 1002-2020-02 立ち昇る魂

 

 

昨年の夏頃、おそらく深い意識層と接続していたであろう時期に

「魂が立ち昇る」というメッセージがふと降りてきた。

浮んだ。と言った方がいいのか。

 

夜中にインスタにそのことを記事にして投稿した直後、

異常な恐怖心に襲われて、削除したのを思い出す。

 

 

 

 

その頃、訳のわからない上から目線で

いきなり電話でアドバイスしてくる人とかいて

何様のつもりなのかわからないけど、

よく、そんなことが出来るな。って感じで

 

その頃から、娘でもわかることが

わからないでいる大人たちばかりでうんざりしていた。

 

 

 

 

ここ10年程、私が腑に落ちるようなカタチで

いわゆるセラピーやヒーリングなどの各種療法だけを

生業としている人に出会いたくて、

ピン!ときたものは、どんなに遠くても可能な限り

会いに行くようにしていた。

 

ここに来て、セミナーなどで出逢った人たちとの縁は

ほぼほぼ切れた感じがある。

 

 

 

 

売れてるのと質は、決して比例しないということが

よくよくわかった10年である。

 

私は、すぐにジャッジ(判断)したりはしない。

長年、観察してきての結果が、「いま」である。

 

 

 

 

表向きは仲良しこよしで、

裏では、あの人があーだとかこーだとかっていう話を聞くたびに

気持ち悪い世界だな。と、正直、思っていたし

 

そういう話を私にはしてきておいて

当人の前では擁護するような人も多く

そこにも違和感しかなかった。

 

私の感覚では、理解するのに厳しいものがあるような

陰湿で陰険なエネルギーが

やれ健康だ、療法だ。って偉ぶっていて

中途半端な人たちって、気持ち悪いな。って思う。

 

それは、売れてるかどうかではなく

売れてるように見えてるかどうかでもなく

「人」として。という観点から。

 

 

 

 

自意識過剰な厄介者が多い世界で

いくら、きれいごとを言っても

いかにも的な啓発をしても響いてはいかない。

 

そういう人たちほど、雑音を発しているように

私には観えてしまう。

 

 

私が観察してきた世界の歪さを

私は、一生、忘れないでいたい。

そして、それを、こどもたちに伝えていきたい。

 

 

 

 

自殺者が増加の一方を辿るこのご時世に

セラピーやヒーリングなどの在り方を

今一度、自らに問う私が「いまここ」に在る。

 

そして、

「病」について、いま一度、考えてみたい。

 

 

私は、「療法」というちっぽけな枠組みではなくて

もっと大きくて広い「いのち」という

ダイナミックでリズミカルな世界の話がしたいな。

 

と、いまここに来て、そんな風に思うし

それを、こどもたちに伝えていける自分で在れるといいな。

とも思います。

 

 

 

#そんれのセラピスト道

#アーティスティックセラピスト

#心理士

画像は、

先日の誕生日に母がプレゼントしてくれた

八重の百合。

 

 

私は、愛と調和を知っている人とだけ

関わっていきたい。

 

たった一度の人生、

上質なエッセンスで満たしたいのです。

 

その基準は、私にとっては、

「こころの大切さを知っている人」

「真の愛を知っている人」かどうかです。

 

それ以上でも以下でもありません。

ピラティススタジオ「arugamama 」の

平木先生に鍼治療していただきながら

未来の話をするのが、とっても楽しいヽ(^。^)ノ♪♪♪

 

観ているビジョンが限りなく近いのです♪♪♪

 

 

心身ズタボロ状態から這い上がるのが速かったのも

平木先生の手厚いサポートがなければあり得ませんでした。

私も、平木先生みたいに効果のある、

結果を出せるセラピストとして

仕事を再開出来るといいな。って思います。

 

春までに、からだづくりするぞー!!!ヽ(^。^)ノ

 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです