op. 1004-2020-02 未熟な魂と成熟した魂

 

昨年の誕生日とは違って

今年は、意識の異常な感覚から解放されて

ありがたいことに、

いい誕生日を過ごすことが出来ました。

 

 

 

 

昨年は、引っ越したばかりで

いつ引っ越したのかも思い出せない感じで

娘が祝ってくれたのだけは、かろうじて覚えていて

 

この歳になると、誕生日だからって、

特にこれといった特別感はないのですが

 

「40歳」は、私にとって、10代の頃から楽しみにしていた

特別な歳でもあったので、それが最悪すぎて

人生終わった感の中を浮遊しておりました。

 

 

 

 

自分の誕生日より、

娘とか姪っ子甥っ子の誕生日の方が特別っていうか

本人が生まれてきてよかった!って思ってくれるといいな。

とか、思いながら、プレゼント選ぶのが楽しいのです。www

 

なんか、昨年、何人かに

こども時代、死にたかったみたいな話聞いてて

その中には、友人だった人とかもいて

けっこう、ショックだったんですよね。

 

 

こども時代に、そんな風に考えるとか

幸不幸とか考えたこともないようなこども時代だったので

こども時代に、そういう風に思ってしまう人たちが

身近に存在していたことがショックっていうか。

悲しくなるっていうか。

 

なんともいえない気持ちになりました。

 

 

 

 

こどもたちには、世界中、誰ひとり残らず

生まれてきてよかった!って思っていて欲しいのです。

 

いろいろあっても、なんだかんだ

生きるって楽しいよね。的な感じで。

 

そう思えないこどもたちがいるって

おとなたちの責任だと、私は思うんですよね。

 

っていうほど、

私も、立派には生きていないですけども。

 

 

 

 

それでも、人を利用したり、足元見たり

損得で人選びしたり、自分のことしか考えないような

気持ち悪い生き方だけはしたくない。って

そこだけは、常に心がけてきてますし

 

そういう人たちに出会う度に、腐ってんな。って

正直、思っています。

 

 

自己対話もせずに、自分磨き的な

訳わからないところで生きてるおとなも多いし。

魅せ方だけは、ご立派!って感じで

気持ち悪すぎる。(;^_^A

 

 

 

 

娘とは、よく、

心の話とか生きることについて話し合うのですが

サイコパスとか、私は大学でしったぞぃ!

っていうような、

 

そういう、怖い系の単語とか知ってしまっていて

それについても、お互いの思うところを

そのまま話し合うようにしています。

 

 

私の堕ちぶれた姿をそのまま見せていて

説明も包み隠さずにしていたら

話す内容も進化してきていて、

 

ひとつひとつ細やかに説明しないといけなかったところから

シンプルに、対等に、話し合えるようになったのが

私の楽さにも繋がっているし、

 

どんな風な生き方をすれば魂が喜ぶのか。

平和な社会につながるのか。とか

 

そういうことを話し合う

ディスカッションを大切にしている学校に通っているのもあり

娘は娘なりの意見を持つ。という成長っぷりをみていると

成長してんだなぁ。って、思います。

 

小学4年生ともなると

低学年の時とは、話題も変化してきていて

思春期に片足突っ込んだ感じになってきてます。

 

恋愛話も、なんでも、話してきてたのに

オンマは口軽いから、絶対に言わない!とかって

こども。っていうよりは、少女。って感じ。

 

っていうか、今の子たち、ませすぎな気がする。

マンガとかも、何そのシーン!

そんなの小学生から読んでるの!的な内容なんですよ。

 

母は、ハラハラしてしまいます。

 

 

 

 

娘にも、からだもこころも、

少しずつ、おとなになっていくから

だいじにしなさいよ。って伝えているのですが

 

「は~~~いっ♡♡♡」って

返ってくる返事が軽すぎて、ほんとにわかってんのかな。

とか、思ってしまいます。

 

 

なので、しつこく、しつこく、うざがられても気にせず

「からだは大事にしなさいよ」って、

いろんな意味で伝えるようにしています。

 

女の子の母親になって、唯一の心配事がそこなのです。

あとは、別に、特に心配とかしたことないですが。(;^_^A

 

変な男の人にひっかかるようなことだけはないように

ここだけは、もう、祈るしかない。って感じがしています。

魂の成熟度って、「今世」での生きてる時間とは比例しない。

って、昨年、ますます、そう思うようになって。

 

こどもの頃から、

生きてる長さと精神的なレベルって関係ないんだな。

って思ってたけど、ここだけは、誰になんて言われようと

間違いがない!って思っています。

 

 

そう考えると、生まれ育った環境とは別の

カルマとかそういうのとかって、あるな。って思えるし

だからと言って、過去生とかには、

正直、あんまり興味はないんですけど。

あるんだろうな。くらいな感じで。

 

 

過去生療法が必要な時は、自然とそっちに向かうから

いまが苦痛なのは過去生に問題があるんじゃないか。的な考え方って

個人的には、あんまり好きじゃないんですよね。

 

ただの逃避じゃない?って思ってしまうし、

実際、そういう人たちを観てきているので。

 

過去生療法とかは、タイミングが合った時は

素晴らしい働きをしてくれるのも確信的にそう思うけど

そういう世界に寄り過ぎるのは、

ちょっと、個人的にはどうなのか。って気がしています。

 

 

正直、ハイヤーセルフとかの世界も、

なんとでも言えますからね。(;^_^A

 

そういう世界が好きな人は

楽しめばいいんじゃない?って感じ。

 

これ系の話をブログでするのってビミョーなんですよね。

ワークショップとかセッションとかではしてたんですけど。

 

 

 

魂とかっていうと、

すぐに変なスピと結び付ける人たち多くて

ほんと、めんどくさいんですけど。

 

わたしは、魂ってあるって思っているのです。

これは、経験的に。

 

 

 

 

クリスタル消えたり、昨年はオーラ写真が撮れてた!

みたいな不思議なことも、けっこう、実家ではよくあることだった。

って言うのを、昨年、思い出したのですが

そういう話すると、低俗なスピと勘違いされるから嫌なんですよね。

ああいう世界って、ほんと、気持ち悪すぎる。

 

口が悪いですが、これが本音なのです。

私は、嫌な事とかあると、口が悪くなるのです。www

 

エレガンスとは、かけ離れた所で生きているし

どちらかと言わなくても、

パステルポップな感じの世界が好きなので

 

いい人でいたいと思ったことは、人生一度もないですし

いい人を演じられるほど、そんな器用でもないですしね。www

 

 

 

 

大体、きれいに生きてる人たちと過ごす時間って

つまらないんですよね。楽しくないっていうか。

個人的には。って感じですが。

それだったら、こどもたちと遊んでたい。って感じなのです。

 

精神年齢が3歳なので、こどもたちに遊んでもらってるくらいが

ちょうどいいのかもしれません。

大人な世界って、超絶、楽しくなくて、苦痛でしかないので。

 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです