· 

op. 1006-2020-04 意識層のことなど雑感。

 

 

「いまここを生きる」とは、

過去の諸々を忘れ去ることでも

過去を置き去りにすることでもない。

 

私は打算的な生き方を選択し続けながら

そうとは見せない人たちに

吐き気がするほど気持ち悪さを感じる。

 

 

 

 

大抵、そういう人の手口は巧妙で

被害者意識の塊。

被害者という加害者であることに気付かない愚かな人たち。

 

自己信頼と自意識過剰は違う。

自意識過剰は、常に人の目を気にしながら

人をコントロールしようとする。

それとは見えない形で。

 

そういう人たちが、意気揚々と

「生き方」や「いのち」「療法」などを語れるのだから

言論の自由も良し悪しだなって思う。

 

そして、それは、

本質を見抜けないでいる人の多さの露呈でもある。

 

 

 

 

個人的には歪な個人主義って、治す薬もないほどに

この世で最も厄介な病気だと思っている。

 

そして、そういう人たちが蔓延る日本の健康産業。

それは自然療法や代替療法をも含む。

まるでウイルスと同じだな。って思ってしまう。

 

私はコロナとかインフルのワクチンは要らないけど

そういう人たちから自分を守るワクチンが欲しい。苦笑。

 

ワクチンがどうとか言う前に

素晴らしい療法があるとか言う前に

自らの生き方、人との関わり方、見直せば?

って言いたい人たちがわんさかいる業界。

 

みんな、いい歳したおじさんおばさんばかりで

日本、大丈夫なのか?って、思ってしまう。

 

 

 

 

こういうのって、中途半端な所で

「啓蒙してるの!」的に威張り腐ってる人たちの責任

大きいって思うんですよね。

 

自分たちの質の低さを知らずに

「わたしたちは知ってるの!」って言ってしまえるところに

センスの欠片も無いのがわかるし、

美意識を知らないんだろうな。って思う。

 

美意識もどきを演じるのは特技のようだけど

しょせん、メッキはメッキでしかないよな。

って思ってしまう。

 

偽物でもいいから、

シャネルのロゴバックを持ってることで

安心を得ているような人たちみたいに。

 

 

 

 

私が知ってる中には、育児してる母たちの中にも

そういう人たちが意外に多くて

いろんな意味で、すごいなぁ。と感心する。

 

そして、

自分が観えてない人の多さと

生き方が下品な

上品ぶる人たちの多さにもうんざりする。

 

 

 

 

多様性、多様性って言われるけど

別に、いまに始まったことじゃないですよね。

 

ずっと、この世は多様性でしか在り得ない。

みな、違うんだから。

 

頭がいい人ぶってる人たちって

ほんと、くだらない人多い。

 

馬鹿で良かった。って思える。

バカでいる方がまだマシって感じがするから。

#プシュケ☆ダイアログ

#いのちの対話

 


 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです