op. 1022-2020-03 「<第一子長女>という宿命を生きる」という運命

 

 

がお!!!

小倉城にある迎え銅鑼、間違えた、迎え虎です。

 

なんとかっていう手法で描かれているらしく

どの角度から見ても、目が合ってしまうという

捉えたものは逃さないぞ!っていう勢いを感じます。。。

 

 

 

 

私をよく知る友人たちは

よくよく知ってくれているのですが

私は、第一子ヒイキが凄い人でして

 

第一子っていうだけで

どの子も我が子のように

かわいく思えてきてしまいます。

 

そして、後で、娘に

「むぎゅーが足りない」とか

なんとかかんとか、グチグチ言われます。。。

 

時々、反省するようにしています。

 

 

 

 

幼なじみに末っ子長女がいて

娘に母国語を教えてくれていたのですが

時々、「第一子を観てると、要らんものまで

背負い過ぎてるのがわかる。」と

クールに言われ、「なにそれ!」と返すようにしています。

 

 

ですが、今回、尋常じゃない恐怖に襲われて

精神的に破滅していた時に、ご近所さんという奇跡に

救われて、夜、会いに行ったりしていたのですが

 

ずっと、「大丈夫よ。人の気持ち考え過ぎよ。

みんな、意味なく言いよるんよ。」って言ってくれて

いまいち、納得がいかず、

その視点は採用できずにいますが

友人の気遣いに、命拾いした想いでした。(大真面目に)

 

 

いざとなった時に頼るべきは

信頼のおける友人たちであると

信じてやまない私には、

そういう友人たちのみに囲まれていることに

事ある度に感謝せずにはいられない。

という人生を送ってきています。

 

 

あらゆる分野で、その思想が取り入れられている

かの有名な「シュタイナー」

「権威よりも友と共に生きよ」というような

名言を残しており、昨年は、その言葉にも

大きく救われた想いでいます。

 

シュタイナー、大好き♡

読んでいない本も含め、何冊も買い占めていて

かなり、シュタイナーに貢献しています。

 

 

 

そろそろ、大の苦手な寒い寒い冬が訪れますので

少しずつ、冬眠の支度にとりかかるとします。

#暮らしのひとこま

#現代を生きる母たちの実態

 

#プシュケ☆セレクト

#IMAGINE

 

#ひとりひとりの内なる世界が

#平和でありますように・・・♡

 


 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです