op. 1023-2020-03 「賢者」と「愚者」の物語

 

タロットには

「愚者」と呼ばれる一枚がある。

数で表わすと「0」である。

 

「隠者」と呼ばれる一枚がある。

数で表わすと「9」である。

 

数のすべてを内包する0と

数の終わりである9。

 

二桁の始まりである「10」は

タロットでの象意で「運命の輪」となる。

 

 

 

 

愚者は世論を語る。

隠者は沈黙を語る。

 

愚者は主観し

隠者は静観する

主観を静観する場に達観が在る。

 

 

 

 

愚者は乱雑という純粋であり

賢者は整然という純粋であり

純潔な純粋は達観という魂。

 

 

 

人生において「ゼロ」となる時

「存在なき存在」となる。

 

 

 

愚者は、モノを語る。

愚者は、ウエを目指す。

愚者は、力を帯びていく。

 

賢者は、沈黙し

賢者は、頭を垂れる。

賢者は、流れであり動きである。

 

 

愚者は病を生み出す。

賢者は治癒へと導く。

両者が目覚めた時、覚者は存在する。

 

 

 

 

「わたし」という魂の

「わたしたち」という生命集合体の

『 いのちの物語 』

 

 

 

 

 

#プシュケ☆ストーリー

#わたしたちの根源的ないのちの物語

 

 

#たましいに導かれるままに

#大いなるいのちと共に

 

#そんれ流生き方

#アーティスティックセラピスト

#愛娘の未来に想いを馳せて

 

 

 

 

【関連記事】

 

➡ サンドバックという役割 

➡ 違いを違いとして受け止める


 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです