op. 1023-2020-04 質にこだわりすぎて廃業を選んだ人たちの話

 

 

質にこだわりすぎて

廃業を選んだ飲食店の話を聞いたことは

数知れない。

 

オーガニックにこだわり過ぎて

廃業を選んだ衣服屋もある。

 

海外には、国からの圧力により

尊厳を放棄するよりも廃校を選んだ学校がある。

 

 

商売は売れてなんぼの世界である。

カウンセラーは誰もがなれる。

 

「そうですか。」と

ただ聞いていればいいだけの職業であり

何の知識も経験も必要ない。

 

7日間で資格が取得できる職業のひとつであるが

7日間もかける必要はない。

 

 

 

 

 

物事を具現化するには

相応の環境が整う必要がある。

そこには能力をも含む。

それを実力という者もいる。

 

 

祈りだけで生活出来るなら

みなが祈っている。

 

祈りは

祈願成就のためではなく

生かされていることへの

活かされていることへの

感謝を捧げる行為だと私は思っている。

誰へとなく誰かに向けて。何かを想い。

 

 

 

引き寄せの法則や

鏡の法則は

その本質を見抜いてこそ役に立つ。

 

 

すべては、使い方次第。

そこには、ごますりが含まれる。

そこには、裏工作が含まれる。

そこには、盗人が含まれるし

そこには、助っ人が含まれる。

 

 

 

「人間は考える葦」とはよく言ったもので

能力主義は脳力至上主義であるように私には観える。

資本主義を支える根幹であるのだろう。

 

 

わたしは、からだ全体で生きていくことを

選択し続ける。


 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです