op. 1119-2020 人生にはなりふり構わず動くしかない時もある。

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

後先考えてなんていられないという時はある。

自分自身を信じて後ろめたさなどなく

信念をもって動いていれば、いつの間にか

道がつくられていたということがある。そうでないこともある。

 

必死に動いている時でも

自分が何のために何をしているかさえ

ブレなければ、迷うことはない。

 

袋小路に入ったように思えても

かならず、出口というものがある。

それは、時に、望んでもいなかった道である場合もある。

それでも、生きてさえいれば、

必然的に光指す道が与えられる。

 

 

ある人のおかげで無自覚だった

自分のコミュニケーション能力が長けていることを

知ることが出来た。

 

自然としていることは、その人の強みである。と

セッションでは、伝えることが多くあるが

自分自身の強みというものは自然であるからこそ

自覚するのは難しかったりもする。

 

そして、その「コミュニケーション能力」というのも

相対的であるから、何が正しい、何がいい。という

絶対的なこたえはない。

 

あくまでも、その人にとっての私が

そのように映ったということに外ならない。

 

 

 

 

いつだったか、渡辺直美さんがYOUTUBEで

コロナのおかげで忙しかった日々を

振り返る時間が出来た。と言っていた。

今の私には、それが少しわかるような気がする。

 

私は、器用にあれこれをこなせる質ではない。

納得がいかないと前には進めないし

そういう意味では頑固とも言える。

 

理解するには何をどう理解し腑に落とせばいいのか、

どうすれば、「いま起きていること」が腑に落ちていきながら

進むことが出来るのか。

 

 

そんなゆとりなどなく記録し続けてきて

ある時間枠の記録と、

必要として残していて盗まれた音声記録は

消えてこの世には存在しないものとなったけど

 

そして、それと同時に、

ネット犯罪に気付き尋常じゃない恐怖心で

心身はずたぼろ状態になったけど

必要なものは、すべてからだが覚えているし、

大量に記録し続けて来た残った記事だけでも充分。

 

 

「普通」だったらしないよね。

「常識」から逸脱してるよね。

 

きっと、

「日本の常識は世界の非常識」といわれる国では

理解されづらい発信を続けてきて

一番、避けてきた道ではあるが、

いまは何ひとつ後悔していない。

 

そして、日本社会の現状を

身をもって知ることが出来た気がしている。

個人的には、とても明るいとは思えない。

それは、きっと、

日本に限ったことではないのだろうけど。

 

その時々に、

自分が恐怖なく発信が出来る場を創りながら

旗をあげておかないと。という想いと

先につなげるための先行投資的に、

そして、自己の心身の治癒もかねて

ほぼ毎日、発信し続けてきてよかったな。と思う。

 

 

 

人生は、点在ではない。

ある時点を切り取っただけで

その人をわかるわけではない。

 

観方によっては、

個人批判ともとれるであろう記事を

すべてが腑に落ちていくまで投稿し続けてきて

よかったと思う私がいる。

 

そのように書かれるような生き方をしている人たちは

自分が観えていない証拠である。

 

そして、人を思い通りに動かそうと

コントロールしたい人たちであるし

被害者意識の強い加害者であることに

気付くことすら出来ないのであろうと思う。

 

意図しないそれが、最も厄介である。

と、個人的には思っている。

 

エリート意識を隠し持ってる人たちは

時に犯罪まがいのこともできてしまう。

人間社会の闇がそこにはある。

 

そういう輩は、今日も何食わぬ顔で

「いい人」を演じているのだろうと想像する。

 

 

 

 小さな声でもあげ続けることに意味がある 

➡ 病人を創る天才たち 

 

➡ 体験は力。観察は力。

➡ 「人は鏡」の、本当の意味。

 

➡ 体験は活かして「生きていく智慧」となる。

➡ 観察すること。気付くこと。 

【プシュケ☆情報】

ぱくそんれ,心理士,福岡,北九州,セラピスト,ホリスティック,オーガニック,セラピー,健康,美容