op. 1124-2020 感情に波があるのは、生きてる証。

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

(2014年7月4日投稿分を別サイトより転載です。)

 

 

私の思う幸せって

いつもいつもウキウキらんらんの状態。

ってことではないんですよね。

 

いろんな感情があるのが当たり前というか

それって自然なことだし

揺れないのは、むしろ機械みたいで気持ち悪い。

揺れるのは自然なこと。

 

 

どんな自分も根底で受け入れた上で

感情の波に乗ってみたり。笑

トライ&エラーでいろいろチャレンジしてみたり。

 

そういうことが出来ることが

幸せだと思ってます。

 

 

最近、よく思うのが

批評とかするのって、簡単だし楽だなー。と。

そういうのがかっこいい!みたいに思ってた時期も長いけど

いまは、そういう感じじゃない。

またこの考えも変化していくのだろうけど。

 

 

言論の自由はあれど使っている言葉

(というよりはそこに載せる音とリズム)は

意識したいな。

 

 

攻撃のエネルギーは

むちゃくちゃ怖いとわたしは感じる。

これだけは慣れない。笑

 

時々、自分がそれをしていないか自己点検。

されたくないことはしない。シンプルに。

 

やってしまった。。。って時もあって

そういう時は凹むけど。笑

 

攻撃する時って、大抵、困ってるんですよね。

自分の経験からも、人を見てても、そう思う。

 

 

自己受容度が高い人といるのは

リラックスして安心できるのがいいよね。

それは、ただ優しいとか、そういう意味ではなくて

厳しさも含めて。

 

私もそんな在り方が出来ているといいな。

まだまだ道のりは長いぞ!笑

 

ここからは、2020年11月24日。

現在地です。w

 

 

6年も経つと、その間にもいろんなことがあって

いろんな経験を積み重ねて、

当時よりは少しは器もおっきくなったと

言えるのではないか。って思う私がいます。

 

母は強し!女は強し!

だからと言って、鉄人のようには出来ていないから

ショックなこともあるし、傷つくこともあります。

 

 

20代の頃、実家の母に、

嫌なことがある度に愚痴ってたら

 

固い人に固くぶつかってどうするの。

暖簾に腕押しでかわしなさい。

って、言われていたのですが、

 

母と私は、性格もまるっきし違うのです。

ぶーぶー。

 

 

 

それに、いつも、人当たりがよく

決して争わない母が、見えないところでは

ぐったりと疲れていて、

いろんなことを背負って姿も観ているので

 

私は、そうじゃないのがいい。

もっと自分を大切に生きたい。と

ある意味、反面教師として活かしているところもあり

母にも、自分の人生を大切にすればいいのに。

って、思ってきた時間も長いのです。

 

 

最近は、ほんとに、話が通じなくて

はぁぁぁぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁあ。

って、なることも多々ありますが。w

 

娘に、「オンマはハンメが嫌いなの?」

って聞かれて、「いや、別に嫌いじゃないけどさぁ。

話しが伝わらないから嫌気がさすのよ。」って伝えると

「まぁ、そういうとこもあるよね。」と

どっちがおとななのか、わからない感じです。www

 

 

これは、本当に、第一子にしかわからないと思うのですが

母子の関係って、ほんと、びみょー。。。

しかも、下手に、心理学なんかに手を出してしまったため

知識が邪魔して、自分を羽交い絞めにすることがあるので

ほんと、嫌になるのです。。。(゜゜)

 

こういう時は、心理学なんか知らなければよかった。

って、思ってしまいます。。。(゜゜)

 

 

☆本日、投稿分の記事一覧☆

#プシュケ☆セレクト

#ビートルズ

 

【プシュケ☆情報】

ぱくそんれ,心理士,福岡,北九州,セラピスト,ホリスティック,オーガニック,セラピー,健康,美容

♬  こころでつながろう  ♬