op. 1125-2020 心を開いて情報を共有する

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

ハートはオープンに

情報は身近な人たちと共有して

違和感を感じる事にはNO!を言うことで

守られることがあります。

 

ひとりで抱えていては

それは「孤立」へとつながります。

 

きれいな言葉は

いくらでも作り出すことが出来ます。

 

「自立」には

「甘えることが出来る」

「頼ることが出来る」

「お願いすることが出来る」ことが含まれます。

 

そして、「本質」をいくら伝えても

聞く耳を持たない人には伝わりません。

 

気付いている者が懐に

おさめるしかないこともあります。

 

そういう声は、プライベートでも仕事上でも

嫌というほど見聞きしてきています。

個人的に、落合陽一さんという方に

共感を覚えることが多く

レベルも活動範囲も仕事内容も全然違いますが、

 

落合さんの抱えるジレンマみたいなのは

なんか、わかるな。と思うことがあります。

と、言ってしまうには、恐れ多いですが。

 

 

 

私は、きれいにラッピングされている生き方よりも

きれいに自分をラッピングして見せるよりも

その人自身の魂を感じるような

生き方をしている人に魅力を感じますし

 

歪な差別主義をのうのうと

何食わぬ顔で生きている人たちを観ると

なんか、ある意味、すごいな。と、

目が点になることがあります。

 

 

個人的にはそういう人たちと関わることに

何の魅力も感じません。

 

エリート意識が高くて

正しいことが好きな人たちに多いですよね。

自分たちは、人とは違う。的な。

私は、特別な役割があるの。的な。w

 

 

そういう人たちは、人の尊厳など

気にもならないのでしょうし、犯罪まがいや

歪な虐めが平気で出来るんだろうな。

 

いつも敵対心剥き出しでしか生きられない

反応せずにはいられない人たちって

最も厄介だな。と思うことがあります。

 

これまでに出会った、

ある界隈の人たちに、それはそれは多かったです。(;^_^A

 

 

ホリスティックとか自然療法とかを

謳ってる人たちがそんなんだから

日本がいかに平和ボケしてる国なのかが

よくよく、わかります。

 

人のこと、くだらない。

ってえらそーに言ってた自然療法家がいますが

言ってる本人が、一番、くだらないな。って思います。

 

中途半端な立ち位置に居る人たちの

妙な知識人って、こわすぎて、

とてもじゃないけど近寄れません。(;^_^A

 

 

 

何も感じない平気な人たちって、

似てる何かをもってるんだろうな。

 

感性で生きるって大切ですよね。

思考は感性とは、離れた所にありますよね。

知識人って、思考で生きてるんだろうな。

っていうのが、よくわかります。

 

 

 

からだ全体で生きてこそ

日々の暮らしの中にある幸せに

気付くことが出来るのだろうと思います。

 

そうやって生きていると、

そこには関係性があることに気付くことが出来ますし

独りで生きている訳ではないことも

感じとれるはずですよね。

 

 

平気で人を利用できる人たちっていうのは

何年、経っても変わらないんだなぁ。って思います。

 

自他の尊重を知らない人が多すぎて

昨年ほど、驚きを隠せなかったことはありません。

神経おかしくなっても仕方ないな。って思います。

 

言動がちぐはぐすぎる人たちと関わると

人生がぐちゃぐちゃになっていきますね。

 

 

かなりの痛手は負いましたが

逆の立場じゃなくてよかった。っ

て心底思います。

少なくとも、一応は、人の親なので。

 

【プシュケ☆情報】

雑誌のように楽しんでくださると嬉しいです。

 

ぱくそんれ,心理士,福岡,北九州,セラピスト,ホリスティック,オーガニック,セラピー,健康,美容

♬  こころでつながろう  ♬