op. 1203-2020-03 親子関係に思うこと

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

久々に八百屋さんに行って

あれとこれと、えーっと。。。って悩んでたら

せかせかして観えたのか、お店の方に

「ひと呼吸、ひと呼吸。おちついて、おちついて。」

と言われて「えへへ。」と苦笑い。

 

画像のカブは、スーパーで買いましたが。

茎の部分を醤油漬けにして、ふりかけ代わりに。

こういうのつくっておくと、ごはんさえあれば

お腹空いた時に、ちゃちゃっと済ませられるから便利なんですよね。

 

料理はほんと苦手ですが

スイッチ入って、つくろ!って思った時につくるのは

瞑想効果大!!!で、スッキリします。

 

普段は、つくらねば。

あー、独りだったら、別に食べなくてもいいのに。

と、まだまだ成長期の娘との同居は、自由が少ないです。

 

が、昨年の冬は、心身状態が異常で、

娘が、よく、夕飯を作ってくれていました。

ありがたや。

過去サイトより記事転載

 

#そんれ流育児

 

2013-10-31
テーマ: そんれ流育児

育児をしておりますと、 

人の発達過程とか感情とかを 
身近で観察出来てウハウハです。akn


楽しいばかりじゃないけど、 
人を育てるって そんな簡単なものじゃないと思うから

大変で 当たり前って 思ってます。まつ毛付きの顔




 

自分で言ってしまいますが、(笑)

洞察力 この2年で かなり磨かれたと思う。

おほほほほ。



まだまだ母歴2年(もうすぐ3年)ですが、

ホントに たくさんのものを 与えてもらってます。

お金で買えないものばかり。 akn




ある心理学では 

子どもは豊かさをもたらすって見方をするのですが、

その真意が 年々、 実感としてわかります。







話は変わりますが。


私自身の経験も含め、 
いろんな親子のカタチを見ながら 思うこと。



子どもたちは ホントに よく親を見ている。

親(特に母親)が 自分を見てくれているかどうか。

とても 敏感。






生活環境、 それぞれ違っていても

親が子を しっかり見守って 

ベクトルが子どもに向かっているご家庭の子は


すごく 安心感がベースにあるんですよね。

たとえ いろいろ あったとしても。



ここでいう、 ベクトルが 

子どもに向かってるっていうのは、


子どもを 自分の一部と一体化して 

コントロールするのとは 違います。







寂しい想いをしている子たちは 

独特の空気感を 放っています。

表面的には明るく見えても。


なんかね、 

すごく伝わってきて、 なんとも言えない気分になる。





子どもにとって 親って 大きな存在ですよね。

親であることに あぐらをかかないでいたいと 

いつも思う。





心って理屈じゃないよなー。って 

思います。


心理学を勉強したとか 知ってるとか 

そんなのは 関係ない。

 



心や感情の仕組みを知っていると 

役には立つけど。(*^^*)


実際、 これまで学んできたことや気付き、 

カウンセリング経験が 

育児に とても 役に立ってるのも事実。




だけど、

生の「いのち」は 知識や理論、理屈だけで 

理解できるものではない。


肌で 全身で 感じて 観じるもの。  

( だと、私は思う。 )




そして 私は 目の前にいる 

大切な家族や 友人たちを 本当の本当に

大切に出来ているだろうかーと、 時々、 自分に問います。




またね

 

 

上記は、(私から観ると)

歪な生き方をしているようにしか観えない

ある方からの学びを記事にしています。

反面教師的に学んだことがとても多い方です。

 

人生のひとときに存在してくださったこと

心より感謝しております。

そして、いつか、彼女のこころが

芯から満たされることを祈ります。

 

 

彼女のこどもたちは、とてもかわいい子たちでした。

特に第一子長女と話したことがありますが

聡明で物事をよく観察していて、

なんでも話してくれる子でした。

 

誕生日が近づいてきている彼女も、

もう乙女なお歳頃でしょうか。

幸せな人生を謳歌出来ているよう

深く祈っております。

 

 

➡ すずらんという毒花 


#あとで観たい用

#自分のための記録 

 

#めぐりあわせ

#カナリヤ(米津玄師)



 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです