op. 1204-2020-04 ひろの先生のFBより

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

ひろの先生の記事は、とても共感することが多かったり

視点が増えて、視野を広げてくれたりと

私にとっては、学ぶことだらけで、時々、難しすぎて混乱する時は

スクショで残して、後で考えよう。とかブックマークしてて

時間経過と共に自分が成長したらわかることもあるかもしれない。

 

と、そんな風に、これまでに出会った「師」と仰いでいる方々には

いないタイプの方で、私は緊張して話しかけるのに

勇気が必要だったりもしたのですが

 

FACEBOOKで混乱し始めた頃、

怒りはCREATIVEに替えていくといいよ。

って、個別にメッセージをくださって。

 

その時は、特に怒りは感じていなかったのですが

そのお心遣いに、ひろの先生のお人柄を感じ

印象的だったので覚えています。

 

noteブログをしていた際に恐怖の底の底にいた頃、

ひろの先生がフォローしてくださり、その意図は
ご本人に確認しない限りはわかりませんが、私にとっては

大丈夫。と、自分に言い聞かせることの出来る

大きな安心材料となっていました。

 

わたしたち親子は、ひろの先生に救っていただいたことが

とても多いのです。ご本人に伝えても、きっと、

ひろの先生にとっては「自然」なことなので

ピンときてはいただけないかもしれませんが。(;^_^A

 

ひろの先生と出逢えたことは、感謝してもしきれず

その出会いがあったからこその

「いま」があると言っても過言ではありません。

 

いつお会いしても所作が美しく

ピンクのかわいいメガネをしていたり

ハートマークのリングをちょこんとはめている姿を

にんまりしながら観ていて、

 

メガネをどこで買ったのか聞きたいけど

それを聞く勇気すら、私にはありませんでした。(;^_^A

 

またいつか、ひろの先生のFACEBOOK記事だけでも

読めるようになるといいなぁ。と思う私がいます。

以下、自分が自分の勉強のために保存しておいた

ひろの先生のFB記事ですが、ここを訪れてくださる方々に

シェアしたくて、許可なしですが転載いたします。

 

#まくのうちセラピー

#たまゆら堂 #ひろの先生

で、検索すると、どこかしらの関連ページに辿り着くはずです。 

 

 

下記の記事に関しては、

心理セッションで大切にしていたことでもあるので

頭がこんがらがることなく、共感いたします。

 

以下、転載です。

 

 

↓  ↓  ↓

 

あ===いうことがコロコロ変わるひろのです。

すべては暫定的最善で動いてるのでご勘弁を。

 

2個前の投稿で

「行動を決める物差しが「全般」と「個」のふたつあって、

波風立たない方を選んでるように見えるんです。

これ、逆じゃない?

当事者なら程度に関わらず「ヤダ」って言っていいし、

苦しい人のためにみんなで協力しないでどうやって権力の暴走止めるの?」

というのはダブルスタンダードを進めているわけでは決してなくてですね。

 

 

せめてダブルスタンダードを用いるなら

こっち側で用いてもらいたいということです。

 

でもね、これだと影ができる。

自分でないどこかからの視点で俯瞰すると、

その視点からスポットライトを浴びたように

影になるところができるよね。これは「ひずみ」。

 

 

聞きたくない人には「醜い怒り」として映ったり、

自分が責められているかのような恐怖を感じたりします。

そして、そういったイメージを持った人への影響は自分にも跳ね返ります。

すべては「響き合う」のですから。

 

 

昨日、ある人が

「政治的な話をできる仲間は限られていて、

ふだんそういう話をしないところではやっぱりできなかった」という

告白?をしてくれました。

 

人とコミュニケーションをとるときのトピックって

数限りなくあって、なにかで盛り上がっているときに

全く関係ない話で口火を切るのは不自然ですが、

自分にも意見、体験などをシェアする機会が

フェアに与えられているところで「これは黙っておこう」と沈黙すること、

 

それは個人の判断に任せられた自由です。

安全安心が確かと感じるほうを選んでいいです。

でも、「わたしがそれを言ったら、

わたしはみんなからどう思われるかな?」の結果として沈黙だったら、

もう一歩先まで考えてみよう。

 

 

わたしは誰かを攻撃してるかな、貶めるかな、

誰かの存在を無視してるかな、主にこのふたつ。

だれも攻めてない、誰も無視してないのであれば、

わたしのことばに悪意を感じた人の問題であって、

わたしに責任はないのです。

 

特定のカテゴリに属する人を攻撃したり、貶めたりというのは、

外にあったはずの評価基準という暴力を内在化させたときに起こります。

特定のカテゴリに属する人を無視、というのは

かなり知的な人でも虚勢をはるために行うことがあります。

 

 

 

この話はここでしかできない…

たとえば、ホメオパスとしての

特殊なグロサリーてんこもりで交わされる情報は

仲間内でしかできませんが、

 

政治、健康、食、環境といった、だれもが関わっていることであれば、

どこでもだれとでも話します。360°全開、フルオープンです。

 

関心のあるなしはともかく、関係してるんだもの。

この人には関係ないだろうな、なんて勝手に判断していいことじゃなくて、

関係してると知ってるから。

「変な人」って思われたらしめたもんで、

「変な人」っておもわれたくなくて黙ってた人ともれなくお友だちになれます。

そして変な人カムアウトが連鎖的に始まったら、

みんな「自分のバランス」を自分でとれるようになる。目指すはそこなんです。

変な人ばんざい。

一緒に阿蘇にりんご狩りに行った時の

記録が残ってました。よかったっ。ヽ(^。^)ノ

娘には、本物の魔法使い。って言ってます。w

 

私が出会ったホメオパスの中で尊敬しているのは

ひろの先生だけです。他の方々には申し訳ないですが。

 

他のホメオパスの方々の言動は、

私にとっては暴力と同等でしかなかったので。

 

片桐航ホメオパスが主催する

自然療法家コースは、

今までに参加した学びの場では最高に最悪でした。

 

密室で行われる陰険な虐めについて

体験的に体感的に知ることが出来たのは

大きな学びのひとつです。

逆の立場にだけはならないよう気を付けます。

これまでのように変わらずに。

 

ひろの先生,まくのうちセラピー,ホメオパス,ホメオパシージャパン,


 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです