op. 1208-2020-03 ある時点としての「絶筆」的雑記。

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

はじめましての方へ

ご訪問ありがとうございます♬

 

私は、こういう者です。

 

私の記事が、あなたの幸せにつながるための

こころ豊かに生きていくための

生き方を考える一助になっていると嬉しいです。

 

 

 

☆   ★   ☆

 

 

 

生命体として頭脳をも含めた

「からだ全体」の快不快はあなどれない。

 

人は脳だけで生きている訳ではない。

脳は、あくまでも、

<からだの声>をキャッチするための

からだの一部でしかない。

 

 

 

個人的に、頭でかちとは相性が合わない。

なんの魅力も感じない。

「気持ち悪い」の感覚は大切にした方がいい。

「違和感」というそれを。

 

こういう人たち、あるいは、こういう人たち

私にとっては奇妙で気持ち悪い人にしか映らないし

実際に関わって不快感しかなかった。

これが、私にとっての「正解」である。

 

同時に「快」を感じさせない人たちって

ある意味、すごいな。と思う。

ある種の才能のひとつなのだろう。苦笑

 

 

つまんない大人にだけはなりたくないと

腐った大人たちを観ながら思い続けて来た。

気付くと、その「つまんなさすぎる」大人たちと

自分が重なることがあるな。と、

自分自身に嫌気がさすことがある。

 

 

 

 

 

 

有名人や流行などには疎いけど

熱狂的なファンとまではいかないけど

20代の頃から、

変わらずに好きな有名人が何人かいる。

 

これが、わたしだよね。

って、思う。

 

 

 

 

正直、評価や批評には全く興味がない。

口コミが頼りになった試しがない。

 

傲慢でしかない我欲に近づくと人生が腐る。

自分を売るためなら

手段を選ばない人はキ印にしか見えない。

悲劇のヒロインには興味ない。

偉そうにしてる人たちが最も馬鹿に見える。

 

➡ 私的に最も気持ち悪いタイプ 

 

そこと繋がってる人と繋がる気はない。

平和な世界が崩れ去るだけ。

今回、明確に

その線引きが出来たことに満足している。

 

キ印たちは、私の人生には不要である。

一ミリも関わる気はないし、

繋がるくらいなら死んだ方がマシ。

 

殺されたくはないから、

その時は自分で死ぬ。

 

 

神さまにも天使にも興味ない。

最も、天使のような人には会うと感動するが。

世の中に、こんな人たちがいるのか!と。

 

 

 

 

 

 

20代の頃から好きな有名人がいる。

久しぶりにインスタを覗いてみたら

元気をもらえた。

 

あー、私と大切にしている、

大切にしていたい世界観が

限りなく近いな。とシンパシーを感じる。

 

これでいいんだな。って思える。

軸がブレたことはないが、

世の中には奇妙な人たちが多すぎて

時々、頭の中が混乱することがある。

 

そういう時は、

際立った世界観を持ってる

共鳴する世界観に触れるに限る。

 

内的世界がデトックスされていくのがわかるし

これ以外のものを取り入れたくないな。

と、より強固に思う。

 

 

 

自分を生きることと

自分だけを生きることは

似て異なる。

 

ここを勘違いしている人たちの

多さにうんざりすることは少なくない。

 

 

私が「頭のよさ」を判断する時、

それは「知識」ではなく「知性」「人間性」

言い換えるならば「魂的レベル」を

軸とする。当然である。

 

 

魂レベルが低すぎる気が狂ってる人たちと

同じ土俵で生きる気はないし

出来れば、限りなく遠く離れた所で存在していたいし

それが出来ているという自負がある。

 

腐ったみかんたちと一緒にいると

こちらまで腐っていくからだ。

これは、私が実体験から学び得た

私の生きていく智慧である。

 

 

➡ 好きな過去記事 

 

 

#メメントモリ

#死を想うはいかに生きるかに通ずる

 



 

 DIALOGUE+DIARY

「プシュケダイアリーの楽しみ方」

 

この場のすべてが

「 宇宙(超)意識 」「 集合(無)意識 」からの

メッセージとなっております。

 

タイトルから最下段のカテゴリ欄までを

どうぞお楽しみください。

カテゴリ欄の気になるキーワードをクリックしていただきますと

関連記事ページに移動します。

 

 

ブログ記事一覧は、下記アドレスをクリックしてください。

➡ https://www.psyche-sonre.com/ぱくそんれのプシュケな日々/ 

 

 

 

★ DIRECTR's PRFILE ★

  プロフィールはこちらです