op. 1220-2020-02 わたしを生きる ☆ コアへの帰還

【MY STORY 】

 

 

冬至を前に、

本来のシンプルな自分自身に戻れた感じがして

よかったな。って思う。

 

私は、人の気持ちを慮ることをせずに

中心にいないと気が済まないような人たちとは

とてもじゃないけど長居できないのです。

そういう世界が、本当に好きじゃない。 

 

 

正直、言って、この10年、

セミナーとかで出逢った人たちの中に

魅力的だと感じる人はひとりもいなかった。

 

 

 

みな、戦い癖が強いな。という印象で

なんでだろう。って不思議だったし

  

ある人に限っては、

私が美とする世界からは

最もはなれた場所にいるから

 

もう何年も前に距離も置いていたし

生涯、関わりたくない。とも思っていた。

 

 

 

 

自分が華でいないといけない人たちは

どうぞ、それが似合う華やかな世界で

生き抜いて。って感じ。

 

私は、あんまり興味がないのです。

その世界を擁護したい人たちとも

関わる気はありません。

 

きっと、先方もそうだろうと思います。

この世に、片思いというのは存在しない。

と、私は、思っているから。

 

それは、波動の法則を観れば理解できるし

音楽を愛している人たちならば

理解するには難しくないと思う。

 

 

 

私は、わたしの美しいと感じる世界を

共有できる人たちとしか関わりたくないのです。

 

そうじゃない人の方が多いし多すぎたし

そこに合わさざるを得ないことの方が多かったから。

人生の後半は、自分と娘のためだけに生きるのです。

 

 

冬至を前に、

この記事を書けていることが

とても嬉しい。

 

 

私にとっては当たり前の「気」の世界を

同等に感じ取る人たちとしか

もはや関わり合いたくない。って感じ。

 

 

記事を書き続けてきてよかったな。

って思う。

いつか、娘が読んでくれたらいいな。

って思う。

 

 

朗らかな明るさは好きだけど

混雑している世界は好きではないし

美しく魅せてるだけの

金メッキな世界には何の興味もない。

 

そして、それをそうと判断する

基準値は、私のからだに依る。

 

からだは嘘をつかない。

からだは嘘をつけない。

 

 

 

 

古い時代を生き続ける人たちと

完全なる決別が出来たことに,

そのような道がつくられたことに,

 

感謝。

 

 

 

 

#地震後、ずっと、

#わくわく楽しみにしていた

#グレートコンジャクションを前に

 

#サウンドヒーリング

#癒し

 


#そんれセレクト