op. 1225-2020-03 そんれのプシュケな人生 ☆ わたしを生きる

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

【 PSYCHE STORY 】

そんれのプシュケな人生☆わたしの履歴書

プシュケは、「呼吸・いのち・たましい」のこと

 

私は、小さな実験大学という素敵なコンセプトの

和光大学を卒業しました。

 

私に合っているのではないか。と

当時、受験勉強をみてくださった

心理の師が薦めてくださった大学です。

 

実際、私には、とても合っていたと思います。

というほど、通わなかったどうしようもない

モラトリアム期を過ごしておりますが。(;^_^A

 

人間関係学部 人間発達学科を受験し

まさか合格するとは思っていなくて

浪人計画をわくわくしながら立てていたのですが

 

合格通知が届いた日、

目玉が飛び出るを超えて

えーーーーーーー!!!!!!

って、びっくりしすぎて、

 

一瞬、目の前が真っ白になり

意識がぶっ飛びました。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

真面目に通わなかったことを

いま、とても後悔しています。

とても素敵な講義がたくさんあったのに

 

私は、学校とは反対方面の小田急線に乗り

ほぼ毎日、新宿の伊勢丹か青山・表参道あたりを

ぼけーーーーーーっとぶらぶらしていました。

親に学費+仕送りまで送ってもらっていたのに。。。

 

 

そんな私は、

そのことを大後悔していて

娘が同じ過ちを踏まないよう

かなり厳しく育てております。

 

そうしましたらば、

私が心身共に異常だった、

心療内科じゃなくて

精神病院行った方がいいかもしれない。

と思うところを、

なんとか生きていた昨年の今頃、

 

娘が料理を作ってくれました。

味をいうと、たぶん、

美味しいという人の方が少ないかもしれませんが

 

私にとっては、

どんな素敵なレストランで食べる食事よりも

美味しい美味しい食事でした。

 

 

昨年だったか年明けだったかに、

娘がオンマと同じこころのお仕事がしたい。

といってた時期があります。

 

私は、やめた方がいいよ。って

言い続けると思います。

大変だもん。( ̄▽ ̄)

 

それでも、私は

セラピーという世界が好きです。

感動がたくさんある世界だからです。

 

生きていくことの美しい側面を

たくさん観ることが出来るからです。

 

 

#そんれのセラピスト道

#アーティスティックセラピスト

 

 

INSTAGRAMより本日投稿分を転載です。

 

#サウンドヒーリング

#癒し

 


#そんれセレクト