op. 1228-2020 心理士のある日の雑記

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

【 PSYCHE DIARY 】プシュケ☆ダイアリー

 プシュケは、「呼吸・いのち・たましい」のこと

 

好きで選んでこだわり続けてきた道に

胡坐をかいた時点で、その道は閉ざされる。

のではないかと、私は思う。

 

そういう意味では満足したことはない。

満足した時点でおわりを意味する。

 

好きな世界におわりはない。

好きな人のためなら
多少の苦も気にならないように。

 

 

この道を進みたい!と

二十歳の頃、心理の世界の深みにはまり

深めるほどに楽しくなり

知るほどに知らないことを知る。

 

終わりがない旅は楽しい。

無目的にふらふらする旅の仕方が好き。

直感を頼りに動く。という生き方。

 

 

 

目的地さえ定まっていれば

迷うことはない。

安定の上の迷いはあっても。

 

そういう意味では、
迷ったことは一度もない。

 

試行錯誤という意味での迷いなら

数えきれないほど。

試行錯誤のない道など楽しくなさすぎる。

 

 

気の矛先をピンポイントに絞る対象も

その時々に変わるのは自然なこと。

 

行く道の生き方の羅針盤は心臓にある。

心臓には脳を超える知性がある。

からだのプロなら、当然、知ってると思うけど。

 

 

 

ハートチャクラが開いていないと

エネルギーは感知できない。

からだの声すら聴こえない。

 

ひらいている経験がないと

ひらいている感覚はわからない。

 

閉じた生き方が長い人には

その違いは理解できないはず。

 

堕落な状態と
リラックスの状態の

身体感覚の違いがわからない人のように。

 

 

 

過敏であることと繊細であることはちがう。

情熱的であることと威圧的であることには

天と地ほどの差がある。一目瞭然的に。

 

心身のプロであるなら

細やかな内部感覚の違いは知っておいて当然だと思う。

じゃないと、プロとは言えない。

 

口ではいくらでも言うことが出来る。

ただし、それは響いてはこない。

口先だけの言葉には、何のエネルギーも乗ってない。

ただの文字の羅列に過ぎない。

 

投影の世界を生きることと
エネルギーを感受することは全く違う。

この違いを知っている人はかなり少ないように感じる。

 

 

頭でしか生きていない人は

人を駒のようにしか扱えない。

何、パズル遊びしてんの?って感じ。

人はモノじゃないんですけど。

って、私がいうまでもなく。

 

 

 

 

細やかな違いを知ることでしか

真の多様性を生きることは出来ない。

 

エネルギーの与える事と
受け取ることのバランスが悪い所に

多様性は存在することが出来ない。

同等でないから。

 

フラットじゃない時点で

多様性を生きることは出来ない。

 

本の受け売りしか出来ない人の言葉は

信用するに値しない。誰でも出来る。

そんなとこにエネルギーかけるほど馬鹿じゃない。

 

頭はよくないけど。w

いい人でもないけど。

 

いい人で在ることに
魅力も価値も感じないんですよね。

行く先は腐って死にゆくだけ。

 

生きた屍がそれを教えてくれる。

人間性の欠片もない

腐ったおじさんみたいな人。

 

(自然)療法家である資格ない。

返上システムつくればいいのに。

 

 

 

資格ほど、当てにならないものはない。

まだ、そんなとこに頼る人いるの?って感じ。

ただのビジネス。くだらない。

いのちをビジネスの材料にするな。って感じ。

 

自分の暇つぶしに

人から大金巻き上げるな。って感じ。

 

 

 

以上は、この2年間で私が
自らの
実体験を観察し続けながら

同時進行的にした考察した後に
洞察したもの。

 

ただの日記。

以上でも以下でもない。

 

 

 

 

#そんれのセラピスト道

#2019-2020

#サウンドヒーリング

#癒し