op. 1230-2020 美しさを生きる ☆ 喜びを生きる

母が活けた花で実家の玄関が一気に華やいでる!

 

 

☆はじめましての方へ☆

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

 

 

【 PSYCHE STORY 】そんれのプシュケな日々

 プシュケは、「呼吸・いのち・たましい」のこと

 

いい言葉は、人生を豊かさへと誘う。

いい靴は、人生を美しさへと誘う。

人生の豊かさは豊かな感性、感受性と比例する。

 

 

真の玄人が放つ言葉には

深い響きがある。

樹齢数千年のような大木のような存在感がある。

 

私は、そういう人に憧れる。

存在そのものが人を癒し人を励まし

世代を超えて語り継がれるような存在の仕方。

 

 

娘には、上記のような人に

たくさん会わせてあげたいと思っている。

 

ひろの先生が教えてくださった。

「そんれちゃん、いろんな大人の人に会わせるといいよ」

印象に深く残っていて、ふとした時に、よく思い出す。

 

私はいろんな人ではなく

娘がひろの先生を知っているということで

充分であるような気がしている。

 

こどもの頃は、

ひろの先生のような人たちだけを知っておけばいいと思っている。

大人になった時に、バロメーターになる。

反転的な空気を放つ人には近づかないための。

 

 

娘には、そのまま、伝えている。

そして、腐ってる人たちが

どういう人たちなのかも伝えている。

まずは、「知る」ことが大切なように。

 

 

教育とは、暮らしそのものである。

従順であることと素直であることは違う。

 

娘には、素直さはそのままに

従順な生き方をしないよう伝えてきている。

それでしか関われない人とは

関わる価値がない。とも伝えている。

 

 

加えて、エゴだけで生きるというような

浅はかで稚拙な

この世で最も醜い生き方はしないよう

ここだけは、口うるさく伝えている。

私が観てきた奇妙な大人たちを例にあげながら。

 

娘が言語としてのコミュニケーションをとり始めた

2013年の2月頃から一貫して変わらずに

伝え続けている。

 

その時々の娘の発達段階に合わせて。

伝わるように。

 

 

美しい人生は美しい存在と

いかにして出逢うか。にキーがある。

それは容姿とは比例しない。

 

「存在」とは「空気感」のことであり

「オーラ」を指す。

 

 

私は美しく魅せている人ではなく

美しい人が好き。

 

山口さんのような

ひろの先生のような

平木先生のような

存在の美しい人。

 

滅多に出逢えないからこそ

出逢いそのものに価値がある。

 

 

私は、価値のあるものが好き。

その判断基準は私の価値基準に依る。

 

私は、美しいものに価値を感じる。

世間の価値基準には、何の価値も感じない。

世論には興味ない。

 

 

 

#今朝のひとこま

#雑感的雑記

 

 

 

#サウンドヒーリング

#癒し