#2 わたしの宝物

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

【 PSYCHE STORY 】そんれのプシュケな日々

 プシュケは、「呼吸・いのち・たましい」のこと

 

わたしには尊敬している精神科医の先生がいます。

神田橋條治先生です。

お会いしたことはありません。

 

お会いしてみたいと思い続けるも

どうやってコンタクトをとったらいいのかわからずに

10年近くが経過しています。

 

ファンレターの書き方もわからずに

会い方もわからずに、新刊が出ては、

手にし満足する。という

ただのアイドルのおっかけみたいな感じです。

 

 

 

30代、結婚生活でもがき苦しみ廃人となって

数ヵ月、実家に帰省していた頃に

私は、それまでに買いためていた

心理療法の本を大量に読みました。

 

その頃、3ヶ月くらいの間に

大袈裟でもなんでもなく

100冊近い本も購入しているはずです。

 

人によっては、

少ないと思う方もおられるかもしれませんが。( ̄▽ ̄)

 

 

当時、からだが思うように動かず、育児もままならず

誰とも会わず、誰とも会いたくなく、ずっと寝込んでいて、

母に「そんれ、少しでもいいから、ごはん食べなさい」と起こされ

「あ、また寝すぎてしまった。」と昼かと思ったら

すでに時は、夕刻。

 

 

 

その頃、サウンドヒーリングスクールの

増川いづみ先生が監修された水に関する本や

神田橋條治先生の書籍に出会い、

 

いづみ先生の本は私には難しすぎて

読む気にならずにいましたが

神田橋先生の一冊の本は、すーーーっと馴染むように

からだに染み入るものがありました。

 

一冊の本に、わたしは大きく救われ

この世界を生きたい。

と、その本を何度、読み返したかわかりません。

 

 

表紙も私好みの素敵なデザイン。

私の好きな紙質に、私の好きな色。

いまは、ボロボロになっています。

ずっと、手元に残しておきたい一冊です。

 

専門書は、堅苦しくて放り投げたくなることがあります。

素敵にデザインが施された書籍たちは

生涯、身近に置いておきたいほど、私にとっての宝物です。

 

 

☆   ☆   ☆

 

 

新年の記事とするには内容としてどうなのだろうという

思いを抱えたまま、思うままに、想うままに、

いま、この記事をつくっています。

 

昨年、離婚話をしてから、一年以上の時を経て

ようやく、紙面上でも、それが成立しました。

 

在日コリアンは特殊な民族です。

おそらく世界的にもそうであるのではないかと。

離婚一つするのに国を跨いでしか

その手続きが出来ません。

 

めんどくささの極みを生きています。

とにかく、役所に行っても、

スムーズに事が運んだことがないに等しいのです。

 

それじゃなくても、苦手過ぎる場なのに。。。

からだが拒否ってるのがわかるくらい

役所に行く時は、びっくりするくらい

財布か電話を忘れていきます。

 

その上、手続きのややこしさに

莫大なストレスで

頭がもげそうになる。という。。。

 

白髪が増えても仕方ないし

円形脱毛になってもいいくらいなのに

白髪が、昨年、数本、発見した以来、増えてくれないから

苦労してるってことを知らしめることが出来ません。

残念過ぎることに。

 

 

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 

 

結婚生活は、尊厳などない時間の方が多く

それでも、人は変わり続けるという希望を捨てず

苦しい中にも、私なりの楽しみや喜びを見出してきました。

 

熊本地震後、最も願い続けて来た

円満離婚が、ようやく、実現し

そこに至るまでには、そことは関係のないところで

破壊的に尋常ではない恐怖と痛みを感じ続けた

2019年ー2020年。

 

きっと、わたしだけではないはずです。

多くの人にとって、そういう時間枠であったのではないか。

と、個人的には思っています。

 

 

時代が大きく変わりゆく時は、そのカオスを

それぞれが、それぞれの世界で

生きているのだろうと想像します。

 

予知していた人は世界人口の何割いるのだろうと思う

ウイルスの可視化は、多くの人を恐怖に陥れ

不安を掻き立てたのであろうと想像します。

 

 

昨年の春、

心理療法の世界に大きく寄与された

河合隼雄先生の一番弟子にあたられる方から

「生きていくとは、大変なことですね。」という

一言が添えられた年賀状が届いたという話を

師が聞かせてくださいました。

 

その真意を、私は生きているうちに

感じとることが出来るでしょうか。

そうであるといいな。と、思う私が

「いまここ」を生きています。

#サウンドヒーリング

#癒し

 


 

 

 

# 関連サイト

➡ そんれの日記帳「雑感的雑記」