#20 デトックスもいろいろ。

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

 

 


時々、現在、使用中の

いくつかのサイト上に上がってくる記事や

ファッションメルマガで紹介されている記事を

ふと、気になったものだけ読んでいるのですが

 

そこに、脳科学者と音楽家の対談記事があり

それを読みながら、やっぱ、そうだよね。

と、限定的ではない、ひらかれている世界に

とても共感しました。

 

 

そして、クリオネな茂木健一郎さんの記事は

視点がとても好きで、文章を読んでいると

すっきりします。「だよね!」と

ぶんぶん首を縦に振りたくなる私がいるのです。

 

茂木さんの記事を読んでいると、

この2年間、自分を信じて

し続けて来たことを肯定できる。

といっても、否定していた訳ではないけど。

 

 

共感できる時というのは

とても心地が良い。

そこには、ゆるやかなつながりを感じるから。

 

 

 

 

私は閉ざされた世界よりも

ひらかれている世界が好き。

 

そこには、希望や光などの

生へのまなざしが

あふれているように思うから。

 

 

 

このピンクなメインサイトは

ファッション誌みたいにしたくて

こだわっていたのが、

この2年でぐちゃぐちゃになってしまい

 

発信としての表現も、

読者様がほっこりできるようにと

こだわりつづけてきていた上に

 

本来、いろいろ思うことはあっても

社会に物申したいことなどなく

そんな立場にはないことを重々承知の上だし

 

一番、避けてきたそれらを

2年間、せざるを得なかったという表現が

自分的にはしっくり。

 

 

そうは見ない人の方が多いと思うけど。

世論というものは、そんなもんですよね。

 

 

自責という名の他責を生きている人が多いし

投影の世界を生きている人が多いし

この2年間で、そういうの振り払ってみたら

つながりがほぼないという。。。w

 

人に好かれるために仕事をしてきてはいないし

心理カウンセリングなどのそれは

世間一般に目に留まりやすい世界ではないし

その視点から、発信をしようと思うと

誤解されるのなんかを気にしてたら出来ないし。

 

 

 

賛否両論あるのが世の常であり

そういうのもすべて覚悟の上、やり尽くしてみて

あり得ない犯罪まがいの行為をしておきながら

平然と暮らしている人たちというのは

想像以上に多いのだろうな。ということも

実体験を通してわかったし、それが、どういう類の人たちか。

っていうのも、知ることが出来た2年間。

 

 

私は、基本、人との出会いは信頼から入る人で

それを意識することがないくらい

私にとって、それは自然なことなので

そうすると、いろいろが観える。そのままに。

 

 

暗いネガティブな空気感は嫌いじゃないし

楽曲もどちらかと言わずとも

マイナーな短調な曲に美しさを感じるし

どんな生も美しいと思っているので

どんな人とも関わることが出来るけど

 

攻撃のエネルギーとか

マウンティングとか、嫉妬のエネルギーは

ちょっと、ほんとに、心底、好きじゃない。

それを無意識でしている人たちは

意識的にしている人たちより更に厄介。

 

 

こういうのを、どのように見分けるかは

娘に伝えていってる。それだけで充分。

 

 

 

訳のわからないエネルギーを

おさめてきたことが多すぎて、

 

30代に吸収してきたあらゆる毒素たちを

すべて、そのままに、わかりやすいように

全部、お返し出来てよかったな。って思う。

自分のブログ上で、自己責任の基に。

 

 

彼(女)たちみたいに

すべてが他責で、自分たちには何の責任もない。

自分たちは正しく生きてます。

特別な使命があり、世の為に生きてます。みたいな

勘違い甚だしい世界を私は生きてきてはいないので。

 

 

 

 

天体のリズムと連動していて

やりきってよかったな。って思う。

 

 

画像は惑星音叉のひとつ。

金星よりも大きい愛のエネルギーの周波数といわれている

音叉です。重低音がとてもここちいいのです。

 

私は、高音よりも重低音の方が心地よくて落ち着く。

音の世界は、言語を介さない

ノンバーバルコミュニケーションな世界だから

個人的にとても好きです。馴染みもいいし。

 

 

感じ合う世界、想い合う世界が

私は好きです。

 

 

#そんれセレクト