#24 FLOW with PSYCHE.

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

 

 

 

 この2年間、美しいとは思えないモノを

振り払うだけ振り払ってみたら

つながる人とは

つながっていることがよくわかる。

 

共鳴し合う人とは

人間の五感をはるかに超えたフィールドで

響き合っている。

 

それは、本人同士にしかわからない。

わからなくていい。

人間関係とはそういうものだと私は思っているから。

 

 

昔、気のワークで、相手の気が

脳内にどのように入ってきているかを

キャッチしているという体験をしたことがある。

もう8年以上前のことだと記憶している。

 

その時、すべては「いまここ」に

カオスとして存在しているという映像が

いきなりポン!と浮かぶ不思議な体験があった。

 

 

 

その方もまた鍼灸師だった。

鍼を打たないことを売りにしていた。

なぜか尋ねると答えて下さらなかった。

 

数年後、その方のブログで

センスがないから。という文面を読んだ。

私は、え?それだけだったら

教えてくださればよかったのに。と思ってしまった。

 

きっと、その時は、まだそうと言えない

何かがあったのだろう。と、いまならわかる。

 

 

私は、能力で人をジャッジしたりはしない。

存在と言動は分けて見ている。

どんな存在も尊い命であるには変わらない。

 

その観点で、おさめてきたものは多い。

おさめきれないほどの量になり

あふれ出てしまった。

 

 

 

これは、何も、我慢してきたわけではない。

すべて、自覚の上で、平和な世界を

身近に創りたくて、あえて、そういう生き方を選んできた。

それが、自分自身のためでもあったから。

 

そうは生きていない人の方が多い。

投影を超えられない人に投影の話をしたところで

理解しないことを知っているからに他ならない。

 

それは、見下しでも何でもなく

そういう生き方を選択しているという

目の前にいる相手を尊重するための

私なりの生き方である。

 

 

 

誤解されることには慣れている。

そこには何とも思わない。

 

人は偏見という主観からは逃れられないことを

心理学を学んだ者なら知らない人はいない。と思いたい。

そうであると信じたいし、そうであることを願いたい。

 

この2年、主義主張を明確にしてみて

そのままの自分自身をネット上にあげてみて

離れた人の方が多いと想像する。

それだけのことをおさめてきたと自負している。

 

 

抑圧とは別に

主体性と共に。

 

他責で生きてきてはいない。

すべては内なる世界であると

自己研鑽してきて久しい。

 

 

わかる人とわかり合えればいい。

大多数に理解してもらおうと思ったことは一度もない。

華になりたいと思ったこともない。

 

深めてきた世界を生業に出来るといいな。

とは、思い続けているけど。

 

 

私はギラギラしている太陽の光よりも

闇夜を照らす月明かりが好き。

 

暮れゆく時をグラデーションに染めていく

夕陽と空を眺める時間に幸せを感じる。

 

 

☆ 関連サイト ☆

 

➡ プシュケ☆マガジン(お知らせなど)

➡ プシュケ☆ラジオ