#30 自己対話は細やかな心身の変化を観る世界

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

 

 

 

自己対話とは、

何もじーっと座って瞑想することに限りません。

すべてを自責とすることでもありません。

 

からだ全体の細やかな動きを

俯瞰することにあります。

 

それが「からだの声を聴く」ということであり

これこそが「自己対話」でもあります。

 

 

常に中庸を保つとは

人間であることを放棄することと同等にあり

わたしたちには情動含む感情があり

感情は大切にしている価値観を教えてくれます。

 

その価値観は「私」そのものです。

その価値観は生きて来たすべてからの影響を含みます。

生きて来たすべての時間を含みます。

 

 

「いまここ」は

口にしたもの、目にしたもの、耳にしたもの

鼻にしたもの、肌で感じたもの、

頭で考えてきた時間、からだで観じてきた時間の

総量で成り立っています。

 

これは、「五感で生きる」「五感を生きる」と同義にあります。

第六感とは、五感の先にあり、

生命が内在した「いのちの声」を含みます。

 

 

 

 

現在、再開未定のアルケミークラスですが

上記のような内容にご興味がある方にはおすすめのクラスです。

いつか、リニューアルして、お届けしたいなぁ。とぼんやり思案中。

 

講座などは、対面でリアルな場を共有することに

意味があると思っています。知識の伝達は、書籍などを通して

独学できるからです。

 

リアルな場には

そこにしかない、そこでしかない「場」の力が働き

独学を超えた学ぶ愉しさがある。と、

私はそのように思っているので

オンライン講座などは、いまのところ予定にありません。

 

 

これまでのスタイルで

タイミングで開催できるといいなぁ。

と、思っています。

 

オンラインの画面と音声の届く速度のズレで

ストレスフルになります。。。ゆえ、

テレワークとかいわれる、それらが性に合いません。

 

きっと、オンライン講座はそれとしての

利点や利便性があるのだろうと思いますが。。。

 

 

☆ 関連サイト ☆

 

➡ プシュケ☆マガジン(お知らせなど)

➡ プシュケ☆ラジオ 

➡ 個人サイト