#38 人生、なるようにしかならない。

 

 

☆はじめましての方へ☆

 

➡ 自己紹介

➡ まずは、こちらの記事をどうぞ♡ 

 

 

 

 

画像は、外国では怖くて絶対に着れない服。

かわいくてお気に入りなのです。

ちょっと大きめなので中に4~5枚は着込めます。(^^)v

 

 

生きているとしたくない事ばかりを

せざるを得ない時もあるんだなぁ。と、

絶対にしたくなかったこと、

ネット上でのマナー的にもタブーすぎて

NG行為であろうことを、

 

記録しておかないとうやむやになってしまって、

また同じことの繰り返し!と、選んだ行為は

社会的にはハイリスク過ぎたのだろうと思いますが

 

それで、自責の念にかられて

それによって更にこころが折れていく。。。という

それでも、怖すぎて、せめて記録に残しておかなきゃ!

という繰り返しな記事を投稿し続けてきて

 

悪循環にどんどん嵌っていくという

人生にこんなことがあっていいのか。という

こんなにもタイミングが合わない自傷行為を続けたことはないぞ。

と、言いたいくらいのところから、

それでも、そのままの自分で存在出来る場があることに

感謝だなぁ。って、ふと、思いました。

 

 

怖い体験を思い出せば、そこに引っ張られるから

過去のことは過去として受け入れよう。と、

やっと、思えている自分自身がいて、セラピストとしては

致命的なことをしてしまった感は拭えませんが

 

時々、恐怖心がふと湧き上がることもありますが

それでも、自分のことだけを考えると

やりきれてよかった。と思う時もあります。

 

 

矛盾だらけのことをぐっちゃぐちゃに書いてきて

嫌な想いも傷つきもあり、絶対にしたくなかったことをし続けてみて

そこに、いかなる理由があろうとも、二度としたくないな。

と、思います。こんなにも、自分のためだけにやりきったことはない。

というような選択肢は、

私にとっては、自分自身を傷つけていくだけでした。

 

 

職業的には「有り」でも、商売的には「無し」という

いつも、ここの矛盾が私自身の身動きをとれなくしていたのが

職業としての選択を優先してみると商売の色もくっきりしてきて

結果、自分の都合だけを考えると、良かったな。って思えるけど

過去の自分をクライアントとして見立てて

それを仕事のための発信記事として使うには、

過去すぎる出来事を書き続けるしかないこともあり

それは、誰かの存在を否定的に書くしかなかったことでもあり

なんとも言えない気持ちになることもあります。

 

個人の好き嫌いは、

自分自身が知っていればいいと思っているからです。

わざわざ、「あなたのことは嫌いです」って

言う必要ってないですよね。

っていうか、言わないよなぁ。って、個人的には思うのですが。

 

 

体験しなくてもいいことってあるな。って改めて思います。

知ることで、わざわざ、自らを危険にさらす可能性は低くなる。

って、あらためて思います。

嫌いな人たちと同じことしてしまった自分が

一番、嫌になる。って感じ。

 

 

コロナ離婚とか言うのもあるらしいですが

自然災害含め、ずっと後になって世界的な大恐慌として

歴史に残るんだろうなぁ。って時は、

世界的に多くの方が「生き方」と向き合っているのでしょうね。

 

私自身は、新ウイルスの発見よりも少し早く始まった

2019年春の大パニックな怪奇現象に始まり、

ここまでの約2年間は散々な時間が多い破壊的な時間でした。

 

 

 

でも、いまになってみると、やっぱり、すべては

タイミングだったんだなぁ。と思います。

破壊時間の渦中にいる時は、とてもそうは思えませんが。

 

突如始まった説明のつかない超常現象、怪奇現象は

どう理解すればいいのか、

どう腑に落とせばいいのかわからず

もどかしさがいっぱいで、なんで私が。。。( ゚Д゚)

と、思うことも、数えきれないほどですが。

 

それは私だからこそ体験できた、

私に与えられたギフトとして、

これから活かされていくような気がしています。

ま、先のことは、わかりませんが。

 

 

 

人生初のタイミングの悪さの連続に

心身は破壊するし、住居も荒れ果てていますが

違和感を感じる人間関係や、好きではない人たちとの縁が

きれいさっぱり切れた感じもあり

 

ここからは、本当に自分次第で

すべてを自己責任として

いかようにも好きな色に進んでいける気がしています。

 

 

心理のプロだったらわかると思うけど、

すべてを自分の問題。って思わなくていいんですよね。

これって、ただの言い方の違いでしょ?って

もしかしたら言いたい人もいるかもしれないけど

それを言うべき人たちの耳には届かない。

 

いつも自分を正当化し、

いつも人を瞬時に決めつけ判断するような

ジャッジなバサバサ切れてる世界の住人だから。

 

 

ビジネスマンにも素敵だなぁと思う人と

とてもそうは思えない人とがいるけど

その境って、サイコパスな要素があるかどうか。

だと思っているんですよね。

 

そういう人たちって、巧妙に「いい人」に見せるのが

特技なはずなんですよね。

本人は意識的なのか無意識なのかはわからないけど。

無意識だったら、無自覚だったら、

本気でサイコパス要素は強い。って思う。

 

 

過去に、先輩セラピストが

「騙すよりも騙される方がいい」

って言っておられて、私もそれが

素敵な勘違いにつながるものであるならば

そういう方がいいな。って、思います。

 

人に脅威を与えたり、圧が強すぎたり、

嫌だと言っていることをしてくる人たちとは

関わりたくないな。って思います。

 

人間関係のストレスって大きいな。って

私個人は思っているんですよね。

 

私、誰とでもお友達になれるー!

みんな大好き―――!

あなたが知ってる人ともつながりたーい!

知り合いいっぱいつくりたーい!

お友達はたくさんが欲しい!!!

 

っていうタイプは

たぶん、あんまり

そういうストレスを感じないんでしょうね。

 

人にストレスを与えていることに気付かずに

土足でプライバシーにがつがつがつがつ

踏み込んできていて、NOを言ってることにも気付かずに

力を帯びた途端に君主のようになる人、多い気がする。

 

 

ちょっと、私には真似できない。

って感じ。(・。・)

 

ま、私もそう観られている可能性は

ゼロではないのでしょうけど。。。(^^;)

 

 

 

 

☟  ☟  ☟

 

私はこういうセラピストです。

これが耳障りな人とかイラつく人は

たぶん相性が合いませんので、

他のセラピストを選んだ方がいいと思います。

それが、お互いのためだな。って思うので。(・。・)